「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

天津丼。藤沢「つるや食堂」

僕が藤沢で絶対に無くなって欲しくないお店。
それは、つるや食堂さん。

 

f:id:neilchikuwa:20181230174103j:plain鍋ふるご主人を見ると、失礼ながら年齢的にはギリきてる感じでして。

 

f:id:neilchikuwa:20181230174132j:plainでも、よく頑張っていらっしゃる。
尊敬いたします。

 

f:id:neilchikuwa:20181230174211j:plainその方が作る、知る人ぞのみ知る美味しい丼があるんです。

 

f:id:neilchikuwa:20181230174301j:plainそれがこれ!

ひょっこりひょうたん島の様な天津丼なんです。

ひょうたんの形はしていませんが、島感は十分あると思いますよ。
実物は誰も驚くかなりのインパクト。

 

 

f:id:neilchikuwa:20181230174205j:plainこの島が旨いのなんの!
島を崩し、周りの海に浸して食べるんです。うほー、旨い!

 

f:id:neilchikuwa:20181230174444j:plain目が合いました。 

 

f:id:neilchikuwa:20181230174344j:plain旨すぎてスプーンの回転が早いので、どんどん島が無くなります。 

 

f:id:neilchikuwa:20181230174352j:plainラーメンスープが、これまた口直しに丁度いいんです。

 

f:id:neilchikuwa:20181230174519j:plainここら辺まで来るとご飯に餡が吸い込み、天津丼感は無くなります。

餡掛けチャーハンというか、スープチャーハンというか、渾然一体した絶妙なジュルジュル・カオスがたまらなく、最後は丼持ってズズーーって吸い込みました。
旨しです。

 

f:id:neilchikuwa:20181230174530j:plainやっぱりここは凄い店。

井之頭五郎がふらっと来てもバッチリ対応できるレベルです。