「ボクの記憶」ニール・ちくわ

ボクの話を聞いてくれてありがとう。