うな重200g。小田原「松琴楼」

小田原で鰻を食べた。小田原城の近くの松琴楼である。正直、最近金欠で悩んだけど、悩んだ末に入った。

200gのうな重をご飯少なめで注文した。下から2番目の大きさで3000円ちょっとだから小さい鰻と思うかもしれないが、この後の画像を見て欲しい。

このブログで何度も云うが、死んだ母が、頼むから鰻屋でお茶だけ飲んで帰るような辛気臭い男にはならないでくれと幼稚園の頃から教えられたので、ビールの大瓶を頼んだ。

ビールに付いてきた無料の塩辛が旨い(ここで買えます)。そして、これも絶品の自家製糠漬けと骨煎餅をポリポリしながらビールを飲んで鰻を待った。


奥から店主らしき方の声が聞こえてきた。その方は数人の女性スタッフに対して落ち着いた声で敬語で話していて、この店の本質が少し分かった気がした。

200g、着丼。これが3190円とは、マジか。肝吸いも、お新香も、骨煎餅も付いてだよ。


松琴楼の鰻はプルプルなんです。ヤワヤワというか。丼持って左右に動かすと鰻もプルプル動く。やってないけど。

薄味のタレがジュンと染みたご飯の上にフワトロの鰻。しっかり蒸されて炙った程度の鰻が最高に旨い。フワトロ感では日本有数のうな重のような気がする。
僕の稚拙な言葉で旨さが伝わらないのが残念だけど。

東京からゆっくり東海道線で来て往復2700円。200gのうな重と合わせて6000円しない。城を見て、蒲鉾でも買って、帰りはグリーン車で飲みながら帰る。(平日限定。休日は松琴楼2時間待ちです)
うな重飲みたい人には
おすすめです。

冷やしきつねそば。熱海駅「爽亭」

去年の9月の記録です。熱海駅伊豆急ホームにある「爽亭」です。
こちらはやけに丁寧で接客の良い若者が一人でお蕎麦を作っているのです。観光地ですからお客さんは多いのですが、額に汗をかいて働くこの若者の一連の作業は「情熱大陸」に出てもいい位のスーパーな活躍です。

冷やしきつねそば。
お揚げを畳まなくても良いのに、この若者は丁寧に畳んで出してくれます。律儀な人です。ほんまに。

立ち食い蕎麦ですから麺の茹で具合なんて程々で良いのに、若者は真剣にチェックします。

地元の中学生が年度もメニューを見に行って、食べるか悩んでました。可愛いですね。

 

カレーライス。小田原「箱根そばカレー」

クリスマスの前日、小田原駅箱根そばでカレーを食べたんです。

僕の好きな食べ物でかなり上位に上がるのが「具のないカレー」。
520円のカレーライスが具が少なそうなんで注文しました。具があったら困るなーと思ったけど、具は無かったのでホッとしました。

具が無いカレーは好きです。

そういう点で箱根そばのカレーは僕的には満点なんですが、果たして世間的にはこれを「カレーライス」と言って売っていいのかと思いつつ。

僕は具のないカレーが大好きなんで今回ドンズバでした。

明日はクリスマス。明日は具のあるものを食べたいです。

 

魯珈監修ポークビンダルー。辻堂「ヨークマート」

昨日と今日は一人で湘南で過ごします。
昨日はTSUTAYAで本を買い、ヨークマートで食材と酒を買いました。ネットで噂のヨーカドーと魯珈がコラボした「魯珈監修ポークビンダルー」が売っていました。お昼用に即ゲットしました。

週末のヨークマートの駐車場はメチャ混みでした。
道の狭い湘南で若い主婦がオシャレな車で苦戦してるのは湘南アルアルですが、昨日の古いランクルに乗った方は酷かった。全く駐車テクニックが無く、駐車係のおじさんが「ハンドル右に廻して〜」と言ってるのに、その方は独自の路線を行くらしく、左に曲げて自ら地獄に入っていました。


あ、カレーですが、スーパーのお惣菜としては良く出来ていましたが、近くに吉野家があるし650円なら他に使い道があると思いました。ごめんね。

 

リーフパイ。青山(?)「ウエスト」

日本人なら誰でも知ってる女性の撮影があり、その方の差し入れがこれだった。スタッフ人数分を積んでいて、なんと素敵な差し入れだと思った。

芸能人の差し入れは「話題のお稲荷さんや、おしゃれなパン的な感じ」が多いけど、こんな可愛い差し入れをしてくれた方はあの方が初めて。高齢でも今だにトップに立っている方の気遣いは、はやり凄いなぁと思った次第です。

自宅で開けたら、リーフパイだった。昭和の時代から続くウエストのリーフパイ。後世にずっと残したい大切な味ですね。

上弁当。天理「みしまや」

奈良市に工房を持つ友人がいます。関西出張の帰りに年に一度くらい会いに行きます。いつも駅前の日航ホテルに二人で泊まって部屋呑みするんですが、この日は日帰りだったので鰻のお弁当を買って工房で待っていてくれました。お弁当の掛け紙が素敵です。

天理市にある有名な鰻屋さんらしいです。
天理と言えば宗教都市。総本山がある場所ですよね。総本山という言い方で良いのか分かりませんが、僕はその手の事は無知なのですみません。


蒸してない関西風鰻は久しぶりですが、パリッと焼かれた鰻がちょっと言葉が出ないくらい美味しい。旨さにガツンとやられるってそうそう無いんですが、こいつにはやられました。値段を聞いたら2000円ちょっとらしい。マジか。有り得まい。

タレにまぶしたご飯のモチっとした食感も気に入りました。タレの脂分でモチっとなるのかな。タレの味で辛いかと思いきや、まろやかで上品。おにぎりにしたら最高でしょうね。

そして特筆すべきは端っこの奈良漬。さすが本場のもの、ムセちゃう位酒感が強い。奈良漬界の室伏広治や〜。(又は、澤村拓一や〜)(又は、ルー大柴や〜)この二切れで日本酒二合行けます。この奈良漬どこに売ってるんだろう。

まだまだ知らないものが沢山あるんですね。今回はびっくりしました。