【Art・Music・Book】

是非一度聴いてください。ライ・クーダーの事も。都はるみ「大阪しぐれ」

暑いせいか田崎史郎が、最近角野卓造に見えてきました。www.youtube.com 普通に歌の上手い人はいると思いますが、「心に沁みるは都はるみ」だと固く信じております。この画像は引退コンサートのものです。全盛期の「はるみちゃん」からは、ポテンシャルは半…

文芸の遺跡。「新潮社出版部文芸のツィートから」

新潮社出版部文芸のツィートから。「内装工事のため、秋までに別の部屋に引っ越しせよ。持っていける荷物は1人ダンボール箱2つまで」という激震ニュースが駆け巡っている新潮社出版部、きょうの様子です。 まだこんな世界が残っていたのか。素晴らしすぎる。…

これ良いですね〜。なごり雪「元ちとせ・ 秦 基博」

じっくり何度も聞いてしまいます。なごり雪って曲は、私にとっては無縁でしたが、これは沁みます。素晴らし!それより、最近歳とってパンツの染みも無くなりました。 www.youtube.com

日本一歌のうまい人。「ちあきなおみ」

www.youtube.com

木綿のハンカチーフ「宮本浩次」

これは凄い。かっこいいな。 www.youtube.com 「都会の絵の具に染まらないで帰って」僕は、今まで「都会の笑顔」だと思ってた。 良い歌ですね。

BILL FRISELL「HARMONY」

2年ぶりくらいにCDを買いました。 世の中には良いものは沢山あるが、極上は少ない。これは極上です。詳しくはYouTubeで。

マチスが下手くそと言ったら叱られますか? Henri Matisse「JAZZ」

久しぶりに本棚から取り出した、天才マチスのJAZZ。30年以上も前、お金が無い時代に買ったもので、ボロボロです。 十年もこの本を開きませんでしたが、改めて見て素晴らしさになんとも言えない。印刷も良いんですよねぇ。 マチスの黒は凄いなーと思います。…

Norbert Schwontkowski ノベルト・シュワンコウスキーの事。

ノベルト・シュワンコウスキーさんの事は知らなかった。作品は見た記憶があるが作家は知らなかった。果てしなく暗い世界が大好きです。

柚木沙弥郎先生のこと。「婦人画報」を読んで20代を思い出す。

美容院で髪を切っていたら、婦人画報で柚木沙弥郎さんの特集に出会した。 97歳の高齢にて、20代の感性と制作意欲。 このカタチの凄さ。マチスが生きていたらなんと言うかな。 このボロ布は、僕が22歳の頃30年以上前に染めたもの。しかし、ある高名なデザイナ…

岡本太郎「壁を破る言葉」

物を作る人や、表現したい人や、自分の行く道に悩んでいる人は、一度この本を呼んでみたらいかがでしょうか。闇の中に小さい光が見えるかもしれません。

本棚を整理していたら、バスキアのサインが眠っていた。「JEAN-MICHEL BASQUIAT」

写真集や画集は財布を考えずに買ってしまうのですが、同じ本を買う癖があります。この本はNYのMOMAで買って、帰国したら本棚に同じものがありました。 正月だから一念発起して色々な整理を始めました。引っ越して5年経っても開けていない段ボール箱が20個近…

ビジュアルマガジンは、ここから始まった。「Façade」

このマガジンは、パイオニアである。当時は衝撃的だったと覚えている。時代が流れても、良いものは変わらない。新しい時代のものが良いとは言えないのですね。

「ミュージックジャック」RCサクセションのすべて 昭和43年

ミュージックジャック・RCサクセションのすべて(昭和48年発刊 アロー出版社 定価280円) 昭和48年ということは1973年。発刊年を西暦で記していない。『楽しい夕べに』を出した直後で『シングルマン』を出す前だよね。おそらくノーギャラだったんだろうな。…

「COMME des GARÇONS HOMME」1987年・秋冬カタログ

Art Direction : Tohji Murata Photographer : Timothy greenfield-Sanders 村田さんの思い出に涙が出ます。

このカタログは僕の学校だった。「COMME des GARÇONS HOMME PLUS」1987年・秋冬カタログ

故 村田東治さんのディレクション。やはり涙が出ます。本当に素晴らしき仕事。 Art Direction : Tohji Murata Photographer : Arthur Elgort