「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

どこまでもはてしなく旨いのだ。有楽町「慶楽」

有楽町に来たので、慶楽さんを数年ぶりに訪問。池波正太郎と上湯炒飯と牛肉炒麺で有名な店である。

今、午後3時半。慶楽さんに行くベストな時間。今の時間なら客は少ないだろう。

 

f:id:neilchikuwa:20151030212848j:plain今日は空いているので、入り口近くのベストポイントに座れた。嬉しいな。

 

f:id:neilchikuwa:20151030212902j:plain相変わらずいい雰囲気の店内である。

 

f:id:neilchikuwa:20151030212855j:plainこいつと会うも久しぶり。元気だった?元気そうだね。

 

f:id:neilchikuwa:20151030213033j:plain肉ともやしの麺を注文。奥さんが運んでくれました。手で持ってくるのもいつもどおりだ。

 

f:id:neilchikuwa:20151030213044j:plainこのシンプルな麺は旨いのだ。
たっぷりもやしと少しの豚肉とピーマン。具と麺の量加減が抜群である。写真を撮るのが、もどかしい。早くスープを飲みたいぜい。

 

f:id:neilchikuwa:20151030213329j:plain半分くらい食べると、スープが変化する。肉ともやしを炒めた油と、上品なスープが合体すると、旨味が倍増する。

 

f:id:neilchikuwa:20151030213413j:plain麺もスープを吸い込んで伸びてくるとより美味くなる。
しかし、量が多いな(汗)。もやしと麺を食べてスープを飲む、うまし。
そして、ビールものむ。うまし。僕のうましは、はてしなくつづくのである。