読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

今日は湘南・本鵠沼で、気持ち良い蕎麦屋を見つけた。本鵠沼「相模屋」

4月の土曜日の午後、期待した不動産物件にがっくしきて本鵠沼を歩いていたら、おやっ?という感じの看板を見た。相模屋さんという看板だ。ここは何のお店なんだろう。
蕎麦屋だった。お昼を食べていなかった僕は、こんな外観の店を通り過ごす勇気はなかった。もともと今日はお蕎麦が食べたかったのだよ。扉を開けて少し驚いた。小さな音でハワイアンが流れていたからだ。また、内観はやはりハワイのそれのようで、外から入ってくる光がやけに気持ち良い。なんじゃこれ(良い意味で)と思った。東京から来た田舎者からみたら、この湘南スタイルは素敵すぎて眩しすぎる。

中年のご夫婦で経営しているみたいだな。このご夫婦が、湘南のイメージそのもの。この店のファンは多いだろう。素敵な奥様がメニューを持ってきてくれた。天ぷらのメニューが多いんだね。うーーん、どうしよう。天ぷらいっちゃうと飲みすぎちゃうよね。ということで『天もり1400円と瓶ビール580円』を注文した。 まずは、天ぷらから。非常に軽いサクサクーーとした天ぷらだった。火加減と揚げる時間のテクニックが良い。この店のイメージそのものの軽い天ぷら。おそばも秀逸だった。何のクセもなく誰でも好感がもてるだろう。特にほとんどの女性はこの店好きだろうな。
しかし、僕の本音は違った。正直食ったか食わないか分からないって感じだった。でも、これはこれでいいんだろう。

f:id:neilchikuwa:20160801091002j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091009j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091051j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091100j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091104j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091122j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091130j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091150j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091155j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091204j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091200j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091207j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091211j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091325j:plain

f:id:neilchikuwa:20160801091329j:plain