「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

日航アリビラから15分歩いて沖縄そばを食べに行った。風が気持ちいい。国頭郡読谷村「武家屋敷 謝名亭」

読谷村のホテルに泊まっていた。
ホテルの周りになにかお店があるかと思ったら何もない。ホテルのスタッフに聞いたら謝名亭さんというお店があるという。15分歩いて昼飯に行くことにした。

 

f:id:neilchikuwa:20160527203038j:plain海からの風がめちゃくちゃ気持ちいい。
僕は全裸になってこの野っ原を思いっきり走りたくなった。捕まるからやめたけど。

 

f:id:neilchikuwa:20160527183642j:plain四月の沖縄は暑くも寒くもなくハンモックに揺られているような季節。

 

f:id:neilchikuwa:20160527183715j:plain着きました。この人が迎えてくれた。

 

f:id:neilchikuwa:20160527183705j:plainここが入り口。四月の風が吹き抜けている。

 

f:id:neilchikuwa:20160527183718j:plainここはドラマのセットだったらしい。

 

f:id:neilchikuwa:20160527183800j:plain作りは質素だけどいい雰囲気。ここでボケーとしてると落ち着く事この上無し。

 

f:id:neilchikuwa:20160527183837j:plain沖縄そば630円(大盛110円)・ジューシーセット150円・オリオンビール550円』を二人で分けた。

 

f:id:neilchikuwa:20160527183853j:plainお店の人が観光地っぽくなくて嬉しかった。

 

f:id:neilchikuwa:20160527183856j:plainここら辺、温泉があったりスレた感じの土産物屋があったりかなり気分が下りますが、謝名亭だけは気持ちよかった。

なにはともあれ、明るく生きましょう。