ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

480円の東京ラーメンは一度食べる価値あり。さて、このラーメンをどう思うか?巣鴨新田「天平食堂」

天平食堂さんのご夫婦は、物静かで丁寧でいつも笑顔です。そして、こういう店に有りがちな独特の嫌な匂いや油っぽさは店内にはありません。質素ですが清潔に掃除をされている店内は、本当に居心地がいいです。
今日は基本に戻って『ラーメン480円』を注文しました。ラーメンの具は、チャーシュー、ほうれん草、若布、もやしの4種類です。支那竹は入っていません。麺はやや太めのストレート麺。この麺がけっこうシコシコしてて、以外とわんぱく感を出しています。スープは、限りなく薄い味。薄い味と言っても、しっかり出汁が出ているので物足りなさはないです。というより、最初薄いと思っていた味が食べ続けると最後は丁度良く収まるのです。しっかり計算されているのでしょう。そして最後に食べたチャーシューが、肉ってこんなに強い味がするんだと思った次第。食べる側の何かを試している様なラーメンです。

f:id:neilchikuwa:20170516121739j:plain

f:id:neilchikuwa:20170516121825j:plain

f:id:neilchikuwa:20170516121921j:plain

f:id:neilchikuwa:20170516121924j:plain

f:id:neilchikuwa:20170516122021j:plain