ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

いろいろな人の気持ちを幸せにする、下町バームクーヘン。錦糸町「乳糖製菓」

僕が小学生の頃、父が見た事もないようなカタマリのバームクーヘンを戴いて帰って来た事がある。同僚のドイツ土産だと思う。父と結婚して将来に失敗した母は実はお嬢育ちであり、顔の造作は横において、そういうヨーロッパ調の素敵なモノが大好きだったので、いそいそとノリタケ紅茶カップにリプトンを入れ始めた。レモンティーが最先端と思って疑わない母だった。昭和40年代にドイツ土産のバームクーヘンなんて、なんでも手に入る今の東京では全く想像もできないくらい凄いものだったのだ。

今の子どもはバームクーヘンなんてなんでもないが、当時は穴が珍しかった!やっぱり穴があったら指を入れたい。男なら小学生もそうなのだ。穴大好き!

最初は穴に指を入れて喜んでいた無邪気な僕だった。それを満面の笑顔で見る父と母。妹はまだバブバブ。背後にバカな雑種のスピッツがキャーンと走っていた。昭和の幸せな家族の肖像。

でも、穴好き小学生はそれだけでは終わらない。指を入れたら、回したくなるじゃん。回すんだったら、下から指を入れて海老一染之助・染太郎のようにグルングルン回したい!そして、本当にグルンと回した瞬間、崩れ落ちた。しかも飼ってた雑種の住んでる領域にバフッと落ちた。。。ネグリジェを着て頭にカーラーを巻いた姿のアワワとした母の顔、父の怒ってるからこその無表情さを今も思い出す。母は崩れたバームクーヘンを「ここは食べれるんじゃないかしらねぇ」と言いながら、天ぷらを揚げた菜箸で良い所とワルイ所を分けていたが、その行為は父の怒りを増長させたのか、彼は煙草も消さず、無言で布団に入ってしまった。

40年ちょっと前の、僕のバームクーヘンさんの記憶である。

錦糸町にきて乳糖製菓さんの前を通った。この写真を撮った時は買わなかったが、錦糸町にきた時はいつも買って帰る。アウトレットで安いので、あいつにもあの人にもと沢山買ってしまうのだ。誰もが好印象。200円だよと値段を言うと、えーーまた買ってきてーとなり、いつも重たい。でも何か幸せな気持ちになる『下町バームクーヘン』である。

追伸 乳糖製菓で買う客のほとんどが不思議ちゃんである。

f:id:neilchikuwa:20151102114110j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102114123j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102114119j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102114127j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102114132j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102114141j:plain