たい焼きと、クヴィエタ・パツォウスカーさん。恵比寿「鳴門鯛焼本舗」

f:id:neilchikuwa:20200505202721j:plain息子と散歩してたら、とうとう恵比寿まで来ちゃった。
彼は鳴門鯛焼本舗さんの前で、
ママがこの鯛焼きが好きなんだと言って動かない。オットが知らないことを何故息子が知っているのか。

6つ買った。多く買ってしまうのは僕の悪い癖だ。

 

f:id:neilchikuwa:20200505202744j:plain鯛焼きやお汁粉なんて大嫌いなんだが、興味が湧いて見てみた。あれ?意外と可愛い。ふーーん、可愛いね。

ちょっと食べてみたいと思った。きっと40年ぶりくらい。

息子に見られるとツマに言われて恥ずかしい。息子がYouTube(息子よ、鈴川絢子はお父さんも密かにファンだよ!)見てる隙に食べてみよう。

 

f:id:neilchikuwa:20200505202750j:plainモグモグ、なんだこれ!すごく美味いじゃん。
薄い皮がパリッとして、アンコの味が実に良いんだよねぇ。こういうのは酒にも合う。
思わず、缶ビールをプシュ。

 

f:id:neilchikuwa:20200505202810j:plain急にクヴィエタ・パツォウスカーさんの絵が見たくなった。
絵本は息子が2歳の頃ビリビリに破いてしまったので、展覧会のカタログ。

 

f:id:neilchikuwa:20200505202937j:plain
鯛焼きに似てなくもない。

 

f:id:neilchikuwa:20200505202936j:plainこんな日常にも慣れてきた。もう何かを生産をすることを忘れている。