「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

きざみあげ南蛮。平塚「南甫流手打蕎麦 相州」

平塚で、前から気になる蕎麦屋があったので入ってみた。

 

f:id:neilchikuwa:20181218175529j:plainそれがここ。「南甫流手打蕎麦 相州」という店。

さほど期待しなかったんだけど。

 

f:id:neilchikuwa:20181218175333j:plain店に入った瞬間、こりゃできる店と確信。何故なら、女将さんの接客が素晴らしかったから。

それならばと、ビールを注文。それと「きざみあげ南蛮650円」を。

 

f:id:neilchikuwa:20181218175408j:plain出てきました、きざみあげ南蛮そば。
柚子と生姜の香りが素晴らしい。

 

f:id:neilchikuwa:20181218175428j:plainきざみの油揚が、パリッとして豆腐の旨味がしっかりある。
立ち食いのきざみ蕎麦などではクタッとした油揚がお蕎麦に寄り添う感じでなかなか良いのだが、相州さんのきざみあげ南蛮そばは、油揚とお蕎麦がガップリ互いに主張している。

いやほんと、旨いなぁ。

 

f:id:neilchikuwa:20181218175451j:plain蕎麦はやや太めで、歯ごたえがありますね。
蕎麦の量がやや少ないのは、少食の私にはありがたい。

 

f:id:neilchikuwa:20181218175139j:plain平塚に住んでいたら夜も行きたい。

今度は、牡蠣南蛮蕎麦にしよう。