「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

ディープな鶴橋で、普通の餃子を食べたくなったら、ここね。鶴橋「餃子の王将鶴橋駅前店」

なんで僕は鶴橋で王将に入ったのだろう?
分からない。
なんで僕は鶴橋の王将で焼きそばを頼んだのだろう?
分からない。全く分からないのだ。

王将さんで気づいた事がある。
超大阪的エリアである鶴橋で、標準語で最初から最後まで店員さんが接してくれる店はここしかないのだ。それは凄い事なのかもしれない。

 

f:id:neilchikuwa:20150803220218j:plain

f:id:neilchikuwa:20150803220305j:plain

f:id:neilchikuwa:20150803220348j:plain