「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

化石のような昭和絶品カツカレーに会いに行きました。巣鴨新田「天平食堂」

池袋に来たので、歩いて天平食堂さんまで来ました。
天平食堂さんのご夫婦に会いたくて。

 

f:id:neilchikuwa:20180625121907j:plain梅雨だけど暑いすね。
ちょっとだけ小瓶をいただきます。お茶が冷え冷えで嬉しいですが、まずはビールから。うおー、小瓶ってなんでこんなに美味しいんでしょうかね。

注文は「カツカレー680円」。
安いです。

 

f:id:neilchikuwa:20180625121922j:plain意外と時間がかかってきたのは、カツを揚げていたのですね。作り置きのカツではありません。それが天平食堂さんの素晴らしさ。揚げたてのアツアツです。

カツは薄めですが、このくらいの薄さがカツカレーにはちょうど良いと思う今日この頃。

 

f:id:neilchikuwa:20180625121938j:plainカレーの具は大量の玉ねぎと豚コマのみ。まさに昭和のカレーです。といっても家庭の味ではありません。粉のカレー粉からじっくり作った職人技。

いやいや、これは旨いですわ。

 

f:id:neilchikuwa:20180625121952j:plain無料の枝豆を数えて見たら7個あったのです。
どうでもいいですね。

 

f:id:neilchikuwa:20180625122007j:plainこのカレーには、ソースをかけると旨味倍増。

今の若い人はこういう事はしないようですが、僕の若い頃は学食で女子大生もソースをびしゃびしゃかけていました。その頃はウスターソースしかなかったと記憶しています。

昭和のカツカレー最高でした。

 

20年ぶりに食べたロールキャベツに泣きました。新宿「アカシア」

アカシアといえば、日曜日の朝の見たくないおじさん関口氏の奥さんの西田佐知子の名曲「アカシアの雨が止むとき」を思い出します。あれは名曲です。あのおじさんには勿体無いくらい西田佐知子はいい女でした。

www.youtube.com

今日はアカシアさんに約20年ぶりにお訪れました。店内全然変わっていませんね。内装の素晴らしさは流石です。
注文は「キャベハヤ1000円」と「ラガー中瓶600円」。この値段、内税なので合計1600円のみです。素晴らしいですね。

キャベハヤは、名物ロールキャベツとハヤシライスの相盛りの事。食べ続けると、ロールキャベツのコンソメポタージュとハヤシのソースが混ざってきて、どどーーんと美味しくなります。ここアカシアは世界中から誰が来ても好きだと思う。
間違いなく名店です。

 

f:id:neilchikuwa:20180704220307j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220324j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220339j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220351j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220359j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220406j:plain

 

相変わらずの美味しさとスタイルに微笑む。横浜中華街「清風楼」

横浜中華街の清風楼さんに久しぶりに行きました。この店大好きで何回行ったかわからない。

チャーハンと焼売を注文。チャーハンと言った直後に「焼きめしですね?」と指摘されましたが、そんな事言わなくても分かりそうなものにと、思ってしまいました。ついチャーハンって言ってしまったのですよ。悪いかなぁ。

焼きめし来ました。この状態で無言でドンッとおかれました。
良いんですよ、サービスなんて期待していないから。お味は普通です。量はすごく多いです。
この焼きめしを絶賛される方がいますが、マァどうかと思う。(あ、すみません、僕性格悪いんで)勿論美味しい範疇に入るチャーハンですが、絶賛という感じはどうかと思う。だってこの状態で来るんですよ。

最近思うに、清風楼さんと徳記さんは伝説が一人歩きしちゃっていると思う。

 

f:id:neilchikuwa:20180628105425j:plain

崎陽軒、夏の名物。『お弁当夏』は安くて美味しい美味しい。品川駅「崎陽軒」

友人の会計士が品川に高級住宅を買ったのでお披露目に招かれました。行きたくないんだけどなぁ。あーあ、めんど。

家の細かい説明(つか、自慢)を聞きながら(聞いてないけど)僕は早く酒が飲みたくて仕方ないのでした。だって、2013年のオーパスワンが木箱であるんだから。
みんなが酔っ払ったら一本盗もうと思いました。

 

f:id:neilchikuwa:20180624222851j:plain人も羨む成功をした会計士ですが、この人の強いコンプレックスは、奥さんが不細工という事なんです。
何かにつけてその話題になる。

この日も始まりました。みんな全然面白くないのですが、奥さんの口が臭いとしつこく言い出しました。

 

f:id:neilchikuwa:20180624222933j:plain奥さんはお客の手前笑っていましたが、冗談でコツンとしようとしたシャンパンのボトルが意外と重たかったのか、見事会計士の頭にゴツンとヒット!ヤバい音がしました。

その瞬間、空気が止まりました。
怒り狂った会計士は奥さんの胸ぐらを掴み引き摺り、肩まで持ち上げた〜。奥さんは足をバタバタさせて抵抗〜。

 

f:id:neilchikuwa:20180624222938j:plain会計士宅であまり食べなかった僕は、帰りに品川駅の崎陽軒で『お弁当夏700円』を買いました。

崎陽軒シウマイ弁当原寸のクリアファイルをいただきました。
これは嬉しい!

夫婦は仲良くね。

 

とても美味しいうな重でした。ありがとう。品川「いき わだ市」

僕の事務所は広告制作会社です。この御時世よく生き残っているなーと自分でも感心するほどの小さいんです。

仕事柄カメラマン等の外部スタッフの出入りは多く、毎回素敵な手土産を持ってくるスタイリストや、ふらっと来て山崎の食パンを勝手に食うロケバスのおじさんもいます。
あの食パンを食うのはやめてください!58歳で自己破産したコピーライターの昼飯
なんですから。

 

手土産で一番嬉しいのは、やっぱりお酒ですかね。貴重な日本酒より、普通の缶ビールがいいです。

ありがたいけど一番困ったのが、八丈島から来た氷詰めの鰹約5本でした。確かに新鮮な鰹でしたが、東横線で落として、車内を滑っていく鰹を追うのはもうしたくありません。しかも夜中に鰹を実家に持って行こうと思った自分もよくわかりません。

さて今日は、有名スタイリストから独立した子から、うな重の差し入れがありました。こういうのは最高です。気がきくと思います。美味しかった。ありがとう。

 

f:id:neilchikuwa:20171129105619j:plain

戸塚駅前でヨコハマ最高峰と噂されるサンマー麺を食べた。戸塚「つくも」

横浜の男は、悲しい時にサンマー麺を食べるという。
横浜の女
は、嬉しい時にサンマー麺を食べるという。
横浜で一番悲しい男は、サンマー麺の食べ過ぎだろう。
横浜では、火葬場でじーちゃんが焼かれるのを待っている時にもサンマー麺が出ると聞く。

サンマー麺はそんなに横浜のソウルフードなのか。

多分半分は嘘だと思う。

 

f:id:neilchikuwa:20180514210823j:plainランチ不毛の戸塚駅前で、本当に最高峰のサンマー麺があるのだろうか。

 

f:id:neilchikuwa:20180514210830j:plainやっぱり昼ビーね。
こういうだらしない姿と、自慰行為は見られたくないものです。

 

f:id:neilchikuwa:20180514210839j:plain期待してサンマー麺を注文。値段忘れました。

 

f:id:neilchikuwa:20180514210906j:plain出て来た瞬間思った。

あ、これは本物だわ。

 

f:id:neilchikuwa:20180514210924j:plainとにかく麺と具のバランスが良いのでスルスルと食べられる。いつの間にか完食。

間違いなく最高峰のサンマー麺だった。

 

f:id:neilchikuwa:20180514210950j:plainつくしじゃなくて、つくもね。