「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

横浜中華街で最高の牛バラ丼をご紹介します。横浜中華街「愛群」

f:id:neilchikuwa:20171223210454j:plain東京と湘南の往復をしている私ですが、横浜駅到着のアナウンスを聞くと、どうしても中華街に寄りたくなるんです。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210554j:plain中華街に行ったら、大きなお店や、有名なお店や、食べ放題などは全部パスするんです。
当たり前ですよね。

僕が好きなのは例えばこういう店。愛群さんです。
店頭の埃まみれのショーウインドーが、入店する人を試しているようで素敵です。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210635j:plainここには中華街一(私的に)の牛バラ丼があるんですよ。
ランチは、ちょっと小ぶりになって800円です。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210708j:plain牛バラ丼です。
大きな角煮2個とほぐれた肉のタレが、たっぷりかかっています。
コッテリの牛バラ丼もありますが、それはそれでいいと思います。しかし私は、ここのサッパリジミさ加減が好きなんです。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210710j:plain私的に世界最高の牛バラ丼。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210730j:plainこの変なマスコットを手にする男は、バスツアーの添乗員。お客さんは地方から来た人たちでしょう。
この添乗員客に対するの言い方がすごく気に障った。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210733j:plainあくまでも私の好みですが、こういうお店に入るのはやめたほうがいいです。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210802j:plainこの牛バラ丼、下に野菜がたっぷりなんです。 

 

f:id:neilchikuwa:20171223210805j:plain野菜とくず肉をぐしゃぐしゃにして、ご飯にのせる食べ方が一番美味しいですね。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210844j:plain中華街はこんなものも売っています。

 

f:id:neilchikuwa:20171223210908j:plainやっぱり横浜が好きですね。

新橋で、驚愕のおかずたっぷり魚定食。新橋「花半」

f:id:neilchikuwa:20171113125415j:plain新橋で、お昼ご飯でした。

魚が食べたい気分でして、花半さんに行きました。
花半さんのランチは愛情たっぷりなんですよ。

 

f:id:neilchikuwa:20171113125435j:plain注文は『本日の魚定食1000円』に決定。

今日の魚定食は、赤魚の粕づけ焼きか、鯖塩焼き。ご飯おかわり全然オッケーです。

僕は赤魚にしました。赤魚って美味しいのでお弁当や定食に大活躍ですが、ほとんどロシアから来ていると思います。なんとなくヤバさを感じますねー。まっ、いっか。

 

f:id:neilchikuwa:20171113125455j:plain

魚定食を頼んだのですが、こんなにおかずが出てくるとは。。。

メインの赤魚が、はっきり言って馬鹿でかい。ロシア系の大きさです。

そして、ついてくるおかずは、山芋トロロ、地鶏の生卵、小鉢、お新香、サラダなど。しかも味噌汁の椀は、丼サイズです。

 

f:id:neilchikuwa:20171113125515j:plainまずは大好きなトロロからいきます。

これは、皮までじっくり擦られていて、ホワホワクリーミー。さすがです。皮が旨いんですが、みんな気持ち悪がって削っちゃう。だめですよー。トロロは皮が旨いんだから。ちんこの毛みたいのも一緒にスリスリするんですよ。

 

f:id:neilchikuwa:20171113125538j:plainトロロで少しご飯を食べたら、間髪入れず地鶏の生卵を投入。トロトロぬらぬら攻撃です。この段階で「山芋トロロ地鶏生卵定食1080円也」で十分成り立つボリュームなんですが、まだメインの焼き魚が残っています。久しぶりにご飯をお代わりしました。

なんというか、日本人はなんでこんなにネリネリ系が好きなんですかね。世界でも珍しいトロトロ大好き民族。

 

f:id:neilchikuwa:20171113125605j:plain小柄なOLさんが、サラリーマンに囲まれて、一人で魚定食を食べていましたが、なんか良い光景でした。
結婚するなら、こういう店でワシワシご飯を食べる娘がいいですね。

にしても食いました。食べ過ぎです。美味しかったからいいですけどね。

 

f:id:neilchikuwa:20171113125632j:plain子どもの頃、親とよく来た烏杜神社。
懐かしいですね。

絶品の穴子天丼に感動。いつも天平食堂はすごい。巣鴨新田「天平食堂」

f:id:neilchikuwa:20171216155220j:plain大塚の文化遺産天平食堂さんに今日もきました。
お昼ですが、誰もいません。

 

f:id:neilchikuwa:20171216155238j:plain今日は小瓶で軽く喉を潤します。小瓶、旨いですね〜。

 

f:id:neilchikuwa:20171216155240j:plainビールを注文すると、いつも枝豆が無料でついてきます。

 

f:id:neilchikuwa:20171216155251j:plain

注文した穴子天丼。
天丼の蓋がいいですね。この蓋が天丼をちょっと蒸らして美味しくするんですよ。

 

f:id:neilchikuwa:20171216155257j:plain山かけトロロも追加しました。こいつはビールの相手としては最強。

 

f:id:neilchikuwa:20171216155304j:plain

これが、絶品の穴子天丼。余計なものは入れない、穴子1匹だけで勝負する素晴らしさ。

いやーー、最高に美味しかった。穴子がホクホクして、熱々アチチ〜です。穴子の味が濃い。
丼ツユにじっくり沁みたコロモが最高なんです。
穴子の尻尾まで食べたの初めてです。

 

f:id:neilchikuwa:20171216155307j:plain天丼なんですが、私は揚げた天ぷらをご飯にのせてタレをかけるタイプ(かき氷系)が苦手なんです。しかもこのタイプ、どんどん増殖してるんですよ。

やはり天丼は何年も使った丼ツユに揚げたての天ぷらをシュワッと漬けたのがいいんですよ。
もちろん、天平食堂さんもしっかりツユにつけてあります。

 

f:id:neilchikuwa:20171216155321j:plain可愛い店内ですね。ご夫婦の人柄が最高です。

羽田空港限定のシュウマイ弁当が、相当旨かった。羽田空港国内線第1旅客ターミナル「彩鳳」

彩鳳の『シュウマイ弁当802円』を買って、飛行機に乗る前に食べた。
この日は家を出る前から、これを食べてみようかなと決めていた。きっぱり。何故だかわからないけど。

このお弁当、外見よりどっしり重たい。
箱全体がしっとり湿っていて「早く蓋をあけてワタシを食べて!」感が強い。

大きいシュウマイは5個。不思議なレイアウトで詰まっている。シュウマイの味は崎陽軒とは全然違う。まぁ、崎陽軒のシウマイが全国的には独特なんだけど。肉しくないホワッとした柔らかいシュウマイだった。素直に美味しいと思う。

あの、それとこの弁当、米が多い。
でも本当に丁寧に手作りで出来ている。卵焼きが抜群に美味しかった。

全体的に崎陽軒の偉大さを、改めて感じた次第です。

 

f:id:neilchikuwa:20171216155611j:plain

f:id:neilchikuwa:20171216155630j:plain

f:id:neilchikuwa:20171216155752j:plain

朝の6時から飲める店で、今日は、新さんま塩焼き定食を注文した。川崎「島田屋」

前から気になっていた店に来た。

f:id:neilchikuwa:20171205215703j:plain島田屋は朝の6時から飲める貴重な店である。ベロンベロンに酔ってる人とシラフのサラリーマンが隣り合わせになっているような面白い店。

 

f:id:neilchikuwa:20171205215717j:plainスタッフは、女性三人組で構成されていて、連携プレーが素晴らしい。

 

f:id:neilchikuwa:20171205215805j:plain『新さんま塩焼き定食972円』を注文した。焼きたてのさんまに、小鉢が二つと味噌汁お新香がついている。
ご飯は大盛りにすると、日本昔話になる。

 

f:id:neilchikuwa:20171205215814j:plainあらら、メニューに載っていない鯨の刺身定食を注文した青年がいたよ。
鯨にすればよかったな。

 

f:id:neilchikuwa:20171205215900j:plain正直、新さんま自体は普通であったが、何故か人を魅きつける店だ。

 

f:id:neilchikuwa:20171205215921j:plain川崎に来たら、また来たい店だ。今度は絶対鯨を食べるのだ。
捕鯨禁止反対!!

こんな寒い日は、藤沢で牛乳のラーメンを食べませんか。藤沢「こぐま」

さぶい。さぶい。さぶいでーす。

 

f:id:neilchikuwa:20171207160219j:plain藤沢北口のこぐまさんに久しぶりに来ました。
すごく寒いので、牛乳ラーメンを食べたいと思ったのです。

 

f:id:neilchikuwa:20171207160241j:plain『牛乳ラーメン680円』です。

見てください、この美しさ。真っ白のスープです。

麺の上には、チャーシュー、ゆで卵、クタクタ茹でもやし、ネギが、のっています。
麺は普通の縮れ麺。
スープにはバターが溶けていて、なんとも美味しそう。ニンニクの香りが、これまたタマランのです。

 

f:id:neilchikuwa:20171207160257j:plain牛乳ラーメンといってもミルク臭さは無く、サラッとした美味しいクリームシチューの感じ。

 

f:id:neilchikuwa:20171207160317j:plainニンニク臭くて塩っぱいこのスープ、ちょっと形容がしがたい。何気に、昭和の香りも感じますね。
何度も言いますがミルク臭くはありません。ひたすら美味しいだけです。

 

f:id:neilchikuwa:20171207160341j:plain
後半、卵の黄身をスープに崩すと、もっとまろやかになりました。

ゆで卵が、固ゆでスライスになっている意味がわかりました。ゆで卵を崩れやすいように計算されているんですね。

うーーーん、牛乳ラーメン素晴らしいです。名店です。

平塚で美味しい天津麺の店。平塚「仙華」

久しぶりの平塚です。

やはり仙華さんに行かないと何か損した気分になるんですよね。平塚駅北口から直行です。

今日は天津麺です。
天津麺って皆さんあまり注文されていませんが、美味しいものですよ。
麺の上にのったかに玉を一口。もぐもぐ。
もう一口。もぐじゅる。かに玉がほぐれてスープに馴染んできましたよ。じゅるじゅる。

最初「いやっ!」と言ったか言わないか知らないけど、頑ななかに玉が、スープに馴染んでくると「もっと、もっとぉーー、私をぐしゃぐしゃにして!」的になるんです。

最近息子さんの腕が上がって、今や絶好調の仙華さんです。

 

f:id:neilchikuwa:20171113130829j:plain

f:id:neilchikuwa:20171113130834j:plain

f:id:neilchikuwa:20171113130852j:plain