ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

凶暴的に旨いソース焼きそばが650円。伝統の餃子は450円。老舗です。大崎「つけ麺大王」

さて所変わって、今日は大崎のつけ麺大王さんにきました。懐かし。

大崎といえば、あるCM制作会社がありまして25年前はよく来ました。今はさっぱりですが、昔は何度もお呼びがかかりまして、打ち合わせの後はいつもこの店にきたものです。

お洒落な撮影スタッフとの打ち合わせは結構疲れるんですよね。年上の有名スタイリストに「グラフィックさんは今回どんなコスチュームがいいのかしら?」なんて言われたって当時は全然わかんなかったです。

有名スタイリストと有名ヘアメイクと有名カメラマンの「感性(当時流行った言葉)や、アートとか、もっとクライアントに攻めるべき」的な会話についていけない幼い僕達は、打ち合わせ終了後、まずはビールでも飲むべえとよくこの店に来たものです。

何を食べていたのか覚えていませんが、少しお金が入り始めた頃だったけど、焼きそば・チャーハン・餃子・レバニラ程度でしょうね。いつも短パンでした。

f:id:neilchikuwa:20170620190610j:plain

f:id:neilchikuwa:20170620190623j:plain

f:id:neilchikuwa:20170620190638j:plain

f:id:neilchikuwa:20170620190642j:plain

f:id:neilchikuwa:20170620190707j:plain

f:id:neilchikuwa:20170620190716j:plain

f:id:neilchikuwa:20170620190720j:plain

f:id:neilchikuwa:20170620190728j:plain

f:id:neilchikuwa:20170620190809j:plain

亀戸駅裏の名店にて、鰻重の新しい食べ方を発見。発掘する楽しみ。亀戸「直辰」

「先の楽しみ」という表現がありますよね。楽しみは、後にとっておいた方がより楽しめるという事です。
また、今は心細い狭い道を苦労して歩いているけれど、頑張ればいつか大きな道を堂々と歩く事ができるだろうという哲学的な「先の楽しみ」という考え方をされる方もいると思います。

さて今日は亀戸の名店、直辰さんに行ってきました。

f:id:neilchikuwa:20170617201658j:plain6月なので。。。
着いたらとにかく、ビールです。

生ビール が最高と思っている方がほとんどですが、生も瓶も中身は同じです。むしろ瓶の方が味が安定しています。値段も少し安いですよ。この話なんど言っても分からない人が多い。「キンキンに冷えた生のジョッキでプハッが最高!」っていう信者が多すぎるのです。

今日は『鰻重・並2300円』をご飯少なめで注文しました。

f:id:neilchikuwa:20170617201726j:plain待つ時間は15分くらいでしょうか。
いつもながら一瞬後ずさるほど年季の入った重箱です。

そして女将さんがこんな感じにセットしてくれます。

醤油はお新香用。漬物に醤油がつくのは東京の下町っぽいですね。

f:id:neilchikuwa:20170617201801j:plainフタを開けました。じゃーーん!

直辰さん名物の鰻重・並ですが、上下の白い空間が広くて気になります。
白い空間はデザイン的には美しいですが、鰻重的にはどうなんでしょう?鰻重的には、なるべくご飯が見えない方が嬉しいのではないでしょうか?

この空間を何とかしたい。。。 

f:id:neilchikuwa:20170617201942j:plainやっぱ、掘るしかないべ。。。

そう、上下のご飯を垂直に掘って最初に食べるのです。「先の楽しみ」のためにも。。。

タレがかかっているとはいえ、ご飯だけでは何かおかずが欲しくなります。そういう時に、醤油をたっぷりかけたおしんこが活躍するのです。直辰の女将さんは最初から見抜き見通しなんですね。さすがです。

一人に一本醤油を持ってくる鰻屋は、直辰さんくらいでしょう。 

f:id:neilchikuwa:20170617201825j:plainご飯だけだと喉が詰まるので、誤嚥性肺炎にならないためにも、肝吸いは必要です。

さて、発掘が終了しました〜。

f:id:neilchikuwa:20170617201907j:plain完成。
残ったご飯粒がこ汚い感じですみません。それは素直に謝ります。

しかしこの完成度、どうでしょうか?
誰が見ても鰻がびっしり詰まった鰻重です。早く食べたいですね。

f:id:neilchikuwa:20170617202027j:plainでは、最初の一口をいただきましょう。一口でここまで行っちゃいました。
う、う、う、旨い。
お口の中が鰻でいっぱいです。しあわせです。 

f:id:neilchikuwa:20170617202049j:plainもうこの段階で、最初にご飯だけ食べていた事は忘れてしまっています。やはり人間は若いうちに苦労しなくちゃ駄目です。 

f:id:neilchikuwa:20170617202125j:plainこの食べ方お勧めします。

f:id:neilchikuwa:20170617202154j:plain今度はランチうな丼1200円の発掘に挑戦してみようかな。

f:id:neilchikuwa:20170617202220j:plainおばちゃんもお仕事頑張ってね〜。

カレイの煮付け260円、じゃこおろし210円、茄子の煮浸し260円。天王寺「すゑひろ」

伊丹空港までのリムジンバス待ちで時間が30分あったので、すゑひろさんに来ました。

ビールの大瓶と『カレイの煮付け260円、じゃこおろし210円、茄子の煮浸し260円』を注文しました。完全に老人食です。
自分のブログを見てると大根おろしばかり注文していますね。なんだか恥ずかしいなぁ。

カレイの煮付けと茄子の煮浸しは、なんとも関西の食堂の味で、東京人には味が甘すぎます。でも、悪い感じはしないんだよなー。昔の味ですね。すごく嫌いな表現なんだけど、こういうのを「ほっこり」っていうのかしら。しかし「ほっこり」って気持ち悪い言葉だな。

EHエリックの娘に似たおばちゃんは、相変わらず元気に店内を走り回っています。この人の機関銃の様な大阪弁はすごいです。

f:id:neilchikuwa:20170619220910j:plain

f:id:neilchikuwa:20170619220920j:plain

f:id:neilchikuwa:20170619221215j:plain

f:id:neilchikuwa:20170619221218j:plain

f:id:neilchikuwa:20170619221223j:plain

f:id:neilchikuwa:20170619221225j:plain

巣鴨地蔵通り商店街のお肉屋さん。店頭で焼き鳥を焼いています。巣鴨「稲毛屋」

巣鴨地蔵通り商店街の中ほどに、アニメのキャラみたいな女性が焼く稲毛屋さんという焼き鳥屋さんがあります。焼鳥き屋というかお肉屋さんですね。お肉屋さんの店頭に焼き鳥屋台があると云った方が正しいかもしれません。

いつも外人が群がっていて、僕は買った事はなかったのですが、この日は仕事で巣鴨泊でしたので、ホテルで食べようと思い買ってみました。
シロ2本、ねぎま2本です。値段は1本120円です。

注文した時に、かなりのアニメ声を期待していたのですが声は普通でした。焼き鳥も普通というか無難な感じでした。

f:id:neilchikuwa:20170612153312j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612153332j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612153339j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612153356j:plain

夕陽が本当に綺麗で、ユルい気楽なホテルでした。北谷町「ザ・ビーチタワー沖縄」

恒例の沖縄旅行は、今回4歳の女の子のいるご夫婦と一緒でした。4歳児がいるのでホテルの選択はそのご夫婦にお任せしました。ホテルは、ザ・ビーチタワー沖縄です。

しかしロビーに入った瞬間、あまりの田舎臭さにガックシしてしまいました。何というか、下田と長島温泉と釜山を足して割った感じ。
ウヨウヨいるジャージ姿の修学旅行生がお土産の袋を振り回して
走り、ツアーで来た中国人がロビーのソファを占領して叫ぶように大きな声で話しています。

スタッフは感じが良いですが、正直帰りたくなりました。こんな事云う僕の感じが悪いのはわかっていますが。

f:id:neilchikuwa:20170609212734j:plainしかし部屋の窓を開けて、景色の綺麗さにびっくりしました。今まさにマジックタイム。ビーチの一番美しい時間ですよ。

アメリカンビレッジの灯りが綺麗ですね。右下の手前の建物は「コンドミニアム・モンパ」、中央の建物は「カンバーナ沖縄」。カンバーナ沖縄は新しいホテルで良さそうでした。アメリカンビレッジの奥に「ヒルトン」があり、昼間は電気自動車が送迎しています。ヒルトンまでは歩いて10分くらいですね。

f:id:neilchikuwa:20170609212736j:plain山側も綺麗ですね。 

f:id:neilchikuwa:20170609212739j:plainそして少し時間が経ったらこの色。

ホテルに着いてまだ5分ですが、この景色を見たら不満は全て忘れてしまいました。 

f:id:neilchikuwa:20170609212753j:plainヤバいですね、この夕陽。

勿論、缶ビール片手です。この風景は、ビールを飲みながらじっくり見ていたいです。今この夕陽に囲まれて思いっきり屁をしたい。中身が出ない程度に。

f:id:neilchikuwa:20170609212815j:plain朝になりました。窓を開けたらこの風景。 オゾン感が超すごい。やはりここで屁をこきます。

毎日東京でパソコンに向かって被爆している体の細胞がぷちぷちと蘇る感じ。離島はもっと素晴らしいんでしょうが、僕なんかここでも十分です。

f:id:neilchikuwa:20170609212817j:plainこのホテルに泊まるなら、コーナースイートがオススメです。
ベランダが2面あるので風が抜けて開放感がすごいです。そしてお風呂の窓を開けるとこの景色です。 

f:id:neilchikuwa:20170609212830j:plain朝食会場です。レストランの装飾は、はっきり言ってセンス無いです。

メニューは豊富で「朝からステーキ」「沖縄そば」「自分で作るハンバーガー」が人気でした。こちらのお料理は洗練されていませんが、手作り感満載でなんか誠実な感じがしました。

驚いた事に客の8割が、中国人と韓国人と台湾人です。だからどうしたって訳ではないですよ。別に差別してませんよ。
でも中国の方が料理を盛ったトレーを床に落としたまま、知らんぷりして行ってしまったのは、好きじゃなかったなぁ。物も言わずにグイグイ押して列に入ってくるのも、好きじゃなかったなぁ。

f:id:neilchikuwa:20170609212847j:plain朝あんなに沢山いた隣の国の人たちは、昼間はほとんどいません。昼間は本当に静かです。波がないので何も音がしません。

四歳児にせがまれて、HPで自慢の動物園に行ったら、木で囲まれた場所に普通の犬とヤギが寝ていました。

f:id:neilchikuwa:20170609212906j:plain
数日泊まったらこのホテルの気楽なムードが好きになりました。

このホテルは、リゾートにあるオシャレな緊張感とは無縁です。
ここで数日過ごせば、腹が出てしまってステテコみたいな半パンにビジネスソックス履いてるアホヅラの夫でも、タンスの底から見つけた30年前のキュロットスカートとヤケにデカイTシャツを着ている同僚には見せたくない姿の妻でも、お互いに許しあえるでしょう。もしかしたら、お互いの欠点も好きになるかもしれません。

そういう感じのホテルでした。

空港で天丼が500円で食べられるのは最高です。羽田空港国内線ANA「天丼てんや」

この天丼が羽田空港で500円でいただけるとは、本当に嬉しい限りです。さて今日は、これで失礼します。

あっ、忘れてた。言いたい事がありました。この店の古株のおばちゃんが、新米のやる気なし子さんに対して「ほらー、こうすれば仕事が楽しくなるから。ほらー、自分から行かないと。ほらー、前向き前向き。何でも前向きでやるんだよ、そうすれば良い方向にむくんだから」と指導していました。
とても真面目なおばちゃんですが、あんまりシツコクすると、新米のやる気なし子さんはすぐ辞めるかもです。

f:id:neilchikuwa:20170612154507j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612154502j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612154542j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612154551j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612154605j:plain

このラウンジで「プライオリティパス」を使うのは勿体ないと思います。関西空港「KALラウンジ」

関空KALラウンジに行ってみました。

約7割が韓国人観光客だったと思います。
180㎝くらいの小太りの色白が、髪のサイドを刈り上げてピッチリしたパンツにデカいスニーカーで足組んで、何人もソファーにどかっと座っています。韓国の人ってみんな同じファッションなんですね。かなりのアウェイ感で、僕なんか萎縮しちゃいました。(僕、韓国大好きですよ)

フードやドリンクの充実さは、国内線のカードラウンジとたいして変わらない感じで、アルコールと、おにぎり、カップ麺がフリーなだけです。AMEX GOLDのプライオリティパス・カードは年間2回が無料なんですが、このラウンジで1回使ったのは、ちょっとミスったと思いました。

特筆すべきは、黒服の女性が頻繁にフードのチェックに来る事です。
何のチェックかというと、3、4個カップ麺を、軽い感じにさらーーとお土産代わりに
持って行ってしまう人が多いのですね。目の前がカップ麺コーナーでしたが「えー、それはないでしょ?」的にガバッと持っていきます。びっくりしましたよ。
全く関係ないのですが、淡〜く竹島問題を思い出しました。

f:id:neilchikuwa:20170612203758j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612203811j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612203816j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612203819j:plain

f:id:neilchikuwa:20170612203826j:plain