「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

かき揚げそば。赤羽「そばいち」

f:id:neilchikuwa:20191226204940j:plain
何を隠そう(隠さないけど)ワタクシ餅つき名人なんです。名人といってもつく方ではなくて餅をつく人の脇でひっくり返す方の名人なんです。餅つきは「手返し」が下手だと上手くつけません。
合いの手の掛け声が大事です。「よいしょ!よいしょ!」とかは普通ですが、私の様な上級者になりますと、瞬間「でっかいチンコ!」とか入れてしまいます。女子がとても喜びます。

 

f:id:neilchikuwa:20191226205016j:plain赤羽駅構内のそばいちさんでかき揚げそばを注文しました。ま、フツー。

 

f:id:neilchikuwa:20191226205038j:plain今日の餅つき全然知らない人達なんだけど、、、まぁいいか。さーて、これから餅つき。いつになく気合が入るちくわです。

そんなこんだで行った餅つきですが、こっちはボランティアで手伝ってるのにそこの主人は挨拶もなく、手伝いもせず、ただタバコ吸って見てるだけ。息子らしき奴も子供と遊んでるだけで餅をつこうとしないのですよ。だんだん疑問を感じてきました。

 

f:id:neilchikuwa:20191226205041j:plainボランティア部隊は汗水流して餅ついてるのに、これじゃ全然盛り上がらない。私は近くのコンビニで沢山缶ビールを買ってきてみんなに配りました。「ちょっと休憩しましょうよ」。皆さん嬉しそうにビールを飲んでます。

ふと横を向くと、今まで手伝いもしなかった息子が当然の様にビール飲んでます。その瞬間、私の何かがキレました。
キレたまま赤羽駅でお蕎麦を食べている次第です。