「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

おでんと鯖塩。鶴橋「まる福」

鶴橋市場の近くに、おでん&うどん&お好み焼き&串カツ&おかず屋さんがありました。
看板のデザインが簡潔でとても良いです。しかもお好み焼で思いもつかないブルーを使うとは斬新です。

 

f:id:neilchikuwa:20190903192417j:plain今午前11時。
まわりの韓国料理屋さんはまだ開店していません。

 

f:id:neilchikuwa:20190903192439j:plainまずはビールをいただきました。
この後伊丹空港に行くのですが、今日は仕事が無いとはいえ、11時から飲んでいいのか微かな疑問が湧くのです(だったら飲まなきゃいい)。

 

f:id:neilchikuwa:20190903192659j:plainおでんの大根・スジ・卵です。
旦那さんは何度も、卵さっき入れたばかりだからと恐縮していました。良い人です。 
大根とスジはしっかり出汁が染み込んでします。卵は確かに茹でたてですが、汁にグズグズ染みさせて食べたら美味しかったです。

 

f:id:neilchikuwa:20190903192528j:plainおでん最中に、お母さんが、鯖が焼きあがったよ〜と僕にアピール。
鯖は塩がピシッと効いていて超絶美味しかった。焼きたての鯖はうまい!

 

f:id:neilchikuwa:20190903192800j:plainまる福さん、関西的にはごく普通のお店ですが、韓国料理店が並ぶ鶴橋では異端です。
メニューにキムチすらありません。

 

f:id:neilchikuwa:20190903192735j:plain三色ボールと紅生姜。
ちあきなおみの鼻のイボより大きい三色ボールです。
非常に美味しいまる福さんでした。