「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

どぜうなべ。渋谷「駒形どぜう」

子供の頃、じいちゃんと浅草の駒形どぜうさんに何度も行きました。
小学生にはゲッ!だったけど、帰りに日本軍のプラモデルを買ってくれるので、頑張ってどじょうを食べました。

じいちゃんはどじょうを食べると酔って小さい声で軍歌を歌いました。戦場で怖いのは敵ではなく、自分が殴った二等兵だと言っていました。
だから、人には優しくするんだよといつも僕に諭してくれました。

 

f:id:neilchikuwa:20190602110418j:plainどぜうなべ1800円。
どじょうを食べた事がない人が見たら閲覧注意ですね。
既に調理されているので、これから火を入れます。

 

f:id:neilchikuwa:20190602110528j:plain次にネギをのせます。

どぜうなべはネギをタップリのせます。ネギに火が通ったら、僕はもう一度ネギを上に乗せてグツグツしてから食べます。ネギアゲイン。

 

f:id:neilchikuwa:20190602110555j:plainネギはおかわり自由。

こんな事言って良いのか。。。
本当言うと、僕はそもそもどじょうの味がわからない。美味しいとは思うけど、それ程ではないという感じ。本音です。ごめんちゃい。