「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

林森北路の絶品屋台弁当。台湾「台北」

早朝の散歩で見つけたお弁当屋台。夜通しで営業して、そろそろ店じまいの様子だった。
僕はおかずの数々に魅了され、指差しで、魯肉飯に煮卵、青菜、筍、豆腐、腸詰を注文した。完成した弁当をおばちゃんが親指立てて「良いチョイスだよ」的な感じで褒めてくれた。値段は300円くらい。
ホテルに帰って朝から一人宴会。どのおかずも絶品だった。

 

f:id:neilchikuwa:20190425091113j:plainf:id:neilchikuwa:20190425084726j:plainf:id:neilchikuwa:20190425091025j:plainf:id:neilchikuwa:20190425084750j:plainf:id:neilchikuwa:20190425090654j:plainf:id:neilchikuwa:20190425090726j:plainRICOH GR