「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

雲呑麺、焼売。横浜中華街「清風楼」

横浜中華街の清風楼さんで色々とお料理をいただき、最後に雲呑麺と焼売を注文した。
焼売は相変わらず倒れていて、雲呑麺のメンマは赤かった。老舗の味は流石に清風楼ならでは。他店で真似は出来ないだろう。

しかしながら、最近はどうした事か接客が悪くなっている。ここでサービスなんて期待はしていないが、子連れ客に対する冷たさは、横で見ていてもゾッとした。
小さな子どもは皿が多くなり面倒で、子どもの声がするかもしれない。しかし、この子どもが大人になって懐かしい味を食べに来るという事がわからないのだろうか。続くという事は子どもを大切にする事なのだ。

 

f:id:neilchikuwa:20190205213627j:plain

f:id:neilchikuwa:20190205213624j:plain