「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

懐かしきアエロフロート航空の角砂糖。「ソビエト連邦」

20代の頃ヨーロッパに行くには、南周り、モスクワ経由、直行と3種類があった。アンカレッジ経由はツアー以外は無かったと思う。直行便は高価だったので、僕はいつもアエロフロート航空でモスクワ経由だった。客が少ないので3人掛けを一人で寝転んでいた。プアマンズファーストクラス。

 

f:id:neilchikuwa:20181009205937j:plain当時アエロフロート航空は、機内に銃座があり東西緊張感モリモリ。でも乗務員はフレンドリーで、ポケットに入れたキャビアの缶を客にチラ見させて売っていた。金額は、一缶10ドルくらいだった気がする。今の二十分の一の値段ですな。

 

f:id:neilchikuwa:20171119150710j:plainさて、この四角いものは、当時アエロフロート航空で出て来た角砂糖。東欧デザインが素敵ですね。

当時のアエロフロート航空は、エコノミーでも陶器のカップ・ソーサーでした。機体はガタピシだったけど、今から思えば優雅な空旅でした。