「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

やっぱりここは、旨いですなぁー。庚申塚「ときわ食堂」

親父が死んだ。
ずっと反目していたので、死んでも悲しくはないと思ったけど、悲しくはないけど少し残念だった。
五年前に初めて親父のウンチを拭くようになって、親父の肛門さんも、白髪の陰毛も初めて見た。
会話もその頃からポツポツと始まった。

親父は90歳の誕生日まで生きたのだった。

 

f:id:neilchikuwa:20171216171729j:plain去年の12月に行った記録だと思います。 季節外れで御免なさい。

まずはビールの大瓶から。
赤い星が素敵です。最高のラベルデザイン。

 

f:id:neilchikuwa:20171216171737j:plain菜の花のお浸し。

 

f:id:neilchikuwa:20171216171740j:plainあん肝ポン酢。

通風の薬、アルプリノールを毎朝一錠飲んでるのを忘れていました。
時すでに遅し、明日通風発作にならなければいいんですが。

 

f:id:neilchikuwa:20171216171750j:plain独立オーナーしたいです。 

 

f:id:neilchikuwa:20171216171808j:plain巨大メンチカツを最後に追加。

 

f:id:neilchikuwa:20171216171830j:plain これは、ヤーコン葉茶割り。ちょっとまずい。

やっぱり、ときわ食堂さんは、盤石の美味しさです。