「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

20年ぶりに食べたロールキャベツに泣きました。新宿「アカシア」

アカシアといえば、日曜日の朝の見たくないおじさん関口氏の奥さんの西田佐知子の名曲「アカシアの雨が止むとき」を思い出します。あれは名曲です。あのおじさんには勿体無いくらい西田佐知子はいい女でした。

www.youtube.com

今日はアカシアさんに約20年ぶりにお訪れました。店内全然変わっていませんね。内装の素晴らしさは流石です。
注文は「キャベハヤ1000円」と「ラガー中瓶600円」。この値段、内税なので合計1600円のみです。素晴らしいですね。

キャベハヤは、名物ロールキャベツとハヤシライスの相盛りの事。食べ続けると、ロールキャベツのコンソメポタージュとハヤシのソースが混ざってきて、どどーーんと美味しくなります。ここアカシアは世界中から誰が来ても好きだと思う。
間違いなく名店です。

 

f:id:neilchikuwa:20180704220307j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220324j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220339j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220351j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220359j:plain

f:id:neilchikuwa:20180704220406j:plain