「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

徳記の「ねぎそば」は、僕にとっては横浜中華街で一番の麺なのです。横浜中華街「徳記」

久しぶりに、徳記さんにお伺いしました。 

おばちゃんはいつもの通り、店内で相当ツッパっていましたが、横浜っぽくていいと思います。おばちゃんは徳記の番長だから、こっちが従うか即タイマンか、どちらかなんですよ。

僕の事はどうやら知ってるみたいなんですよね。「あんたこの席ね。いつもの?ビールも?」と言われて「はい」と小さく答えるしかないのです。反論できない空気感が、だらしなく生活している僕に活を入れてくれます。

僕のいつものとは、『ねぎそば820円』なんです。このねぎそばの素晴らしさに関しては、どう言っていいのか言葉が思いつかない。ねぎそばといっても、ねぎが多いのではなく、ほぼ素ラーメンです。しかし、スープの旨さと手打ち麺の食感は他には無いもの。とにかく僕にとって、徳記さんのねぎそばは、横浜中華街一の麺なのです。

ちょっと高いかと思うかもしれませんが、どうぞ一度食べてみてください。

 

f:id:neilchikuwa:20170828202106j:plain

f:id:neilchikuwa:20170828202130j:plain

f:id:neilchikuwa:20170828202136j:plain

f:id:neilchikuwa:20170828202322j:plain

f:id:neilchikuwa:20170828202406j:plain

f:id:neilchikuwa:20170828202451j:plain

f:id:neilchikuwa:20170828202621j:plain

f:id:neilchikuwa:20170828210834j:plain