「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

ゴチャゴチャした猥雑な街にある清潔なビジネスホテル。かなり良いです。東京・巣鴨「スマイルホテル」

「ちくわちゃん、今度のロケ前乗りするからねー」
「えっ、巣鴨でしょ?日曜の早朝なんかクルマで20分くらいでしょ、僕は家から行きますから。泊まるのめんどーなんで」

「もう取っちゃったよ。それにさ、たとえ1分でも長く寝たいじゃん」
巣鴨のビジネスホテルなんか泊まりたくないっ!前の日誰が何やったかわからないベッドで寝たくないっ!」

何度拒否しても、57歳のエロス・プロデューサーには通じません。

この人の魂胆はわかっています。ホテルの部屋に、石鹸セットを持った女の人(僕は詳しく知りませんよ)を電話で呼んでヤラシイ事をしたいのです。自分一人で勝手にやればいいのですが、奥方に外泊許可を得るには、前日にCDと徹夜で撮影の打ち合わせがあるからしょうがないんだよ、的ないい加減な事を言ってるんでしょう。

スマイルホテルは、巣鴨駅から2、3分の場所にあります。ここら辺は風俗と居酒屋がゴチャゴチャ混ざっていて、街の風情が魅力的です。
シングルルームはコンパクトですが、普通の体型なら問題なく寝られます。日本人は小さくまとめるのが上手いですね。清潔なホテルです。

この街の雰囲気は、外人大好きでしょうね。外国人観光客にもオススメできるホテルです。

 

f:id:neilchikuwa:20170627121500j:plain

f:id:neilchikuwa:20170627121525j:plain

f:id:neilchikuwa:20170627121532j:plain

f:id:neilchikuwa:20170627121655j:plain

f:id:neilchikuwa:20170627121715j:plain

f:id:neilchikuwa:20170627121723j:plain

f:id:neilchikuwa:20170627121735j:plain

f:id:neilchikuwa:20170627121740j:plain