ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

亀戸駅裏の名店にて、鰻重の新しい食べ方を発見。発掘する楽しみ。亀戸「直辰」

「先の楽しみ」という表現がありますよね。楽しみは、後にとっておいた方がより楽しめるという事です。
また、今は心細い狭い道を苦労して歩いているけれど、頑張ればいつか大きな道を堂々と歩く事ができるだろうという哲学的な「先の楽しみ」という考え方をされる方もいると思います。

さて今日は亀戸の名店、直辰さんに行ってきました。

f:id:neilchikuwa:20170617201658j:plain6月なので。。。
着いたらとにかく、ビールです。

生ビール が最高と思っている方がほとんどですが、生も瓶も中身は同じです。むしろ瓶の方が味が安定しています。値段も少し安いですよ。この話なんど言っても分からない人が多い。「キンキンに冷えた生のジョッキでプハッが最高!」っていう信者が多すぎるのです。

今日は『鰻重・並2300円』をご飯少なめで注文しました。

f:id:neilchikuwa:20170617201726j:plain待つ時間は15分くらいでしょうか。
いつもながら一瞬後ずさるほど年季の入った重箱です。

そして女将さんがこんな感じにセットしてくれます。

醤油はお新香用。漬物に醤油がつくのは東京の下町っぽいですね。

f:id:neilchikuwa:20170617201801j:plainフタを開けました。じゃーーん!

直辰さん名物の鰻重・並ですが、上下の白い空間が広くて気になります。
白い空間はデザイン的には美しいですが、鰻重的にはどうなんでしょう?鰻重的には、なるべくご飯が見えない方が嬉しいのではないでしょうか?

この空間を何とかしたい。。。 

f:id:neilchikuwa:20170617201942j:plainやっぱ、掘るしかないべ。。。

そう、上下のご飯を垂直に掘って最初に食べるのです。「先の楽しみ」のためにも。。。

タレがかかっているとはいえ、ご飯だけでは何かおかずが欲しくなります。そういう時に、醤油をたっぷりかけたおしんこが活躍するのです。直辰の女将さんは最初から見抜き見通しなんですね。さすがです。

一人に一本醤油を持ってくる鰻屋は、直辰さんくらいでしょう。 

f:id:neilchikuwa:20170617201825j:plainご飯だけだと喉が詰まるので、誤嚥性肺炎にならないためにも、肝吸いは必要です。

さて、発掘が終了しました〜。

f:id:neilchikuwa:20170617201907j:plain完成。
残ったご飯粒がこ汚い感じですみません。それは素直に謝ります。

しかしこの完成度、どうでしょうか?
誰が見ても鰻がびっしり詰まった鰻重です。早く食べたいですね。

f:id:neilchikuwa:20170617202027j:plainでは、最初の一口をいただきましょう。一口でここまで行っちゃいました。
う、う、う、旨い。
お口の中が鰻でいっぱいです。しあわせです。 

f:id:neilchikuwa:20170617202049j:plainもうこの段階で、最初にご飯だけ食べていた事は忘れてしまっています。やはり人間は若いうちに苦労しなくちゃ駄目です。 

f:id:neilchikuwa:20170617202125j:plainこの食べ方お勧めします。

f:id:neilchikuwa:20170617202154j:plain今度はランチうな丼1200円の発掘に挑戦してみようかな。

f:id:neilchikuwa:20170617202220j:plainおばちゃんもお仕事頑張ってね〜。