ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

ナンダカンダいっても、結局シウマイ弁当を買ってしまうんだよなー。JR品川駅「崎陽軒」

今日も新幹線で出張です。結局崎陽軒さんの『シウマイ弁当』を買っちゃうんですよねー。飽きた飽きたと文句を言ってもなんだかんだ云って月一は食べています。美味しいとかどうかを超えて自分の人生と共に歩くモノですね。

食べる順番も決まっていて、まずは丁寧にシウマイにカラシを乗せて醤油をかけるんです。必ずカラシが指につきますので仕方ないので舐めます。辛いです。

最初は、いつもシウマイから行きます。ポクポク食べます。いつも美味しいです。
次に、ご飯を2口くらい。このご飯美味しいです。やっぱりこのお弁当はご飯が主役です。

一息ついたら、ビールを飲みます。ビールのつまみは、鮪の煮たのと筍の煮たのが合います。美味しいです。特に筍の煮たのは、シウマイの次にランクされる位重要なおかずです。そろそろ、シウマイとビールの臭いと僕の加齢臭が周りに迷惑をかけますが、どうしようもできません。

唐揚げは非常に貴重な感じで、1口では食べません。必ず大切に2口で。蒲鉾には醤油をピタピタかけて、ご飯に合うようにします。卵焼きは以外と存在感がなくお弁当を食べ終わった頃には忘れてしまいます。

この段階で、ご飯半分、シウマイ3個と、紅生姜と昆布の佃煮が残ります。ちっこいですが、大切な梅干しも残っています。

シウマイはやはりビールの友ですから、ご飯は紅生姜と昆布の佃煮と梅干しで食べます。紅生姜がかなり活躍します。小さな梅干しの活躍も素晴らしいです。

今日も美味しかったです。でもね、杏子の存在が子どもの頃から理解できないんですよね。これ、無くてもいいと思うんですが。

f:id:neilchikuwa:20170526212402j:plain

f:id:neilchikuwa:20170526212424j:plain

f:id:neilchikuwa:20170526212429j:plain

f:id:neilchikuwa:20170526212433j:plain