「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

僕の住んでる近くにこんな店があったらなぁ。天王寺「すゑひろ」

その日は二日酔いだったので、昼ビーはやめようと思っていた。
僕は二日酔いの時は何故か、カレー、カツ丼、チャーハンが食べたくなるのだが、すゑひろさんの前を通ったらショーケースの中に焼きめしがあり、そそられたので入店した。
しかし。。。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211121j:plain店内に入ったら、保冷ケースに色々おかずがありまして。
瞬間に二日酔いが消えまして(うっそだけど)、アッサリ変更です。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211146j:plainまずはケースの中から『260円の卵焼き』ゲットですよ。
この卵焼きですが、だし巻きではないです。出汁感はさほどなく塩味のしっかりした卵焼きです。これは酒に合います。
「温めますか?」とお姉さんの優しい声。ありがたく温めていただきました。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211142j:plain次は『210円のジャコおろし』をゲットしました。

二日酔いのビールは美味しいですね。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211211j:plain卵焼きに大根おろしをのせると旨いですね。こんなものをチビチビ食べて昼間っから飲んでると、自分もジジイになったと思います。

お昼の2時から鼻くそほじくりながら飲んでる僕を、死んだお母さんが見たらなんて言うのかなぁ。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211237j:plainこのお姉さん  EHエリックの娘に似てますね。 スタイルいいですが、コッテコッテの大阪弁で、厨房のおっさんとずっと、話しています。美人かといえば、まぁその範疇にはいるかもしれませんが、うーーん好みの問題です。

いずれにしても、この店を完璧に仕切ってる感じは、かなりの大物だと思います。
この人と結婚したら、超幸せになるか地獄かどちらかでしょうね。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211308j:plainこんな、おかずがあり 

 

f:id:neilchikuwa:20170328211307j:plainこんなのもあり

 

f:id:neilchikuwa:20170328211310j:plainこれもありました 

 

f:id:neilchikuwa:20170328211339j:plain僕は典型的な東京人なので、言いたいことの半分も言えないで(江戸っ子のやせ我慢というのです)暮らしているのですが、大阪の人の注文の細かさはすごいですね。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211345j:plain「親子丼ちょうだい。あ、卵は半熟の手前でね」「はーーい」、「ごめん、ネギ多めでね」「はーーい」、「20分後に店出るからその時間に合わせてね」「はーーい」

大体こんな会話をしていたのですが、実際はもう少し細かい注文がありました。その人が特別なのかは知りませんが410円の親子丼で、無料のオプション注文がここまで行くかと。。。
大阪の懐の優しさはすごいですわ。 

 

f:id:neilchikuwa:20170328211352j:plain最後に中華麺で終わりました。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211414j:plainまたいつか。

 

f:id:neilchikuwa:20170328211425j:plain来たいと。 

 

f:id:neilchikuwa:20170328211601j:plain思います。アディオス!