「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

別盛りかつ鍋定食。横浜高島屋「かつ久無庵」

 

今日の昼ご飯です。
横浜高島屋といえば、鰻の名店、野田岩さんです。11時20分なので絶対に入れるかと思ったら、やはりヨコハマ高級おばばが列をなしています。ノートを見たら9人待ち。こりゃ無理だ。

そうだ、前カキフライを食べたかつ久無庵さんに行こう。

 

f:id:neilchikuwa:20170412112755j:plainこの店、何を頼んでも問答無用に最初にこれが出てきます。
食べ放題のサラダと、大根のハリハリっぽい漬物と、キャベツの漬物です。 

 

f:id:neilchikuwa:20170412112759j:plain左の壺は、甘口ソース、辛口ソース、サラダドレッシングです。お客さんが帰ると必ず残りをチェックして補充されます。画像には写っていないのですが、らっきょうの漬物の壺もあって、漬物が3種類も出てくるのです。それらを全部食べると相当塩分がとれそうです。

 

f:id:neilchikuwa:20170412112824j:plain僕は『別盛りかつ鍋定食1620円 』を注文しました。
しかしここ、金持ちそうな人が多いなぁ。隣の若いサラリーマンは、170gロースかつ定食2160円を注文しましたわ。若いのに注文の仕方も丁寧でスマートですわ。チラ見をしたら、時計はパネライのラジーオミールですわ。 

 

f:id:neilchikuwa:20170412112826j:plain70代のおじさんが並んでいます。もう一人いたのですが、隣に若いサラリーマンがいたので写せませんでした。服装も髪型も雰囲気も似ている同じ位の年齢のおじさんが、5人並んでポクポクとんかつを食べているのを実物で見るとシュールで面白いですよ。
モダンアートでした。 

 

f:id:neilchikuwa:20170412112900j:plain別盛りかつ鍋定食とは、カツ丼の具とご飯が別になったものですが、とに角、かつ鍋がグラグラアツアツなんです。ちょっとした猫舌なら口に入れる前に舌を火傷しますよ。

 

f:id:neilchikuwa:20170412112904j:plainグラグラで食べられないので、鍋を凝視する事約5分。
それでもお口に入れると、ハフハフヒフヒフ熱くて焦りまくりました。その時の僕の顔はすごく面白かったでしょう。しかしこんな事言っちゃナンですが、熱すぎて味がわからん。

 

f:id:neilchikuwa:20170412112912j:plain低温調理の白いトンカツです。肉は良いですが、僕にはコロモの油をスゴく感じました。なんとなくパン粉臭いというか。
いえいえ、不味くはないんですよ。この店、サービスも味もとても良いと思います。
要するに好みの問題なんだと思うんです。

 

f:id:neilchikuwa:20170412112948j:plainここのとんかつは、かつ煮にしないほうが良いと思うんですよ。卵でとじると余計に油臭さを感じてしまうと思うんです。最後に甘口ソースをかけたら、油臭さが消えて美味しかったです。 
そうそう、一度これやってみてください。かつ丼にチラッとソースをかけると2倍楽しめます。

 

f:id:neilchikuwa:20170412113010j:plain好きな人は非常に評価が高くなる店だと思うんですが、低温で揚げたとんかつが苦手な人には残念な店でしょう。こんな評価が分かれるお店がデパートに入っている事が不思議です。