「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

もう三月。ときわ食堂の絶品カキフライを食べないと春が来ません。庚申塚「ときわ食堂 庚申塚店」

巣鴨ときわ食堂さんです。

f:id:neilchikuwa:20170306193820j:plain僕の青春の思い出が有り余るほどあるこの店ですが、30年前はただの汚い(失礼!)飯屋で、今みたいに観光客が来るなんで考えられなかったですよ。今は、中国語・韓国語メニューがあるんですから時代も変わりました。

f:id:neilchikuwa:20170306193848j:plain隣の若い女性4人組はコリアだし、その後ろの家族連れはチャイナです。どこからかタイ語が聞こえてきます。考えられないなー。
コリアの方達はスマホを見ながら、カツ丼、刺身定食、サバ味噌定食、ぶりの照り焼き定食などを注文。韓国のネットに載ってるのでしょうね。

f:id:neilchikuwa:20170306193853j:plain『カキフライ定食1170円と、瓶ビール480円』をいただきました。今日もご飯少なめです。

f:id:neilchikuwa:20170306193858j:plainだそうです。

f:id:neilchikuwa:20170306193904j:plain漬物が旨すぎです。ビールに最高です。

f:id:neilchikuwa:20170306193945j:plainこれは大きいカキフライ。びっくりだな。3月にもなるとこんなに大きくなるんですね。この大きさは実物でないとわからない。迫力です。

f:id:neilchikuwa:20170306194058j:plainしっかり歯ごたえがあり、ジューシーなカキフライ。今月一杯で終わりです。

f:id:neilchikuwa:20170306194101j:plain最後の1個は醤油で。うわー、醤油の方が合うなあ。

f:id:neilchikuwa:20170306194109j:plainかなり安いと思います。 

f:id:neilchikuwa:20170306194251j:plainやはりときわ食堂は、月に一度は来てしまう。きっとこれからも行くでしょう。

f:id:neilchikuwa:20170306194346j:plain並んでいる観光客がいるんです。これも、ときわ食堂の昔を知っている僕としたら信じられないのです。