「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

錦糸町で超絶ディープな台湾家庭料理を食べる。錦糸町「イーピンちゃん」

場外馬券場のある錦糸町のマルイの裏には、競馬中継を見ながら一杯飲む酒場が並んでいる。
日本というより東南アジアの国の危険な雰囲気。写真撮るのも躊躇う感じ。

 

f:id:neilchikuwa:20160626210823j:plain行き交う人の手には競馬新聞なのだね。

 

f:id:neilchikuwa:20160626210727j:plain僕は、ここで異彩を放つ台湾家庭料理イーピンちゃんさんに入店した。

 

f:id:neilchikuwa:20160626210913j:plain瓶ビールが無いという事で生ビールを注文。

 

f:id:neilchikuwa:20160626210920j:plainこの店のムードは凄いなあ。隅々まで魅力的である。

 

f:id:neilchikuwa:20160626210935j:plainこの台湾の娘がイーピンちゃんなのだろうか?うーーむ。

 

f:id:neilchikuwa:20160626210947j:plain何かを作り始めた。 僕は早くビールが飲みたいのだけど。

 

f:id:neilchikuwa:20160626211009j:plain麻婆豆腐と水菜のおひたしが出てきた。 断る雰囲気ではない。

しかし麻婆豆腐がなんか変な匂いで臭くて食えない。どうしよう。。。

 

f:id:neilchikuwa:20160626211013j:plainジョリジョリに凍っているビール。 これはこれで旨い。

 

f:id:neilchikuwa:20160626210952j:plainビールだけでは悪いので、何か注文しようかな。

トマトなら安全かなと思い『トマト300円』を注文。「トマト〜、トマト〜、トマト〜」と探しているが、結局今日はトマト無いって。

 

f:id:neilchikuwa:20160626211036j:plainじゃあ、やはりここは台湾料理系で行こう。『腸づめ(香腸)500円』なら安心だろう。

 

f:id:neilchikuwa:20160626211033j:plainジュージュー腸づめを炒めている。脂が酸化したような変な匂いが店内に充満して、リアルに何処かのアジアの街で飲んでる気分になってきた。

 

f:id:neilchikuwa:20160626211040j:plain出来上がった腸づめ。なかなかの出来具合。 台湾で何度も腸づめは食べたけど、こういうスタイルは初めてだ。千切りキャベツの上に炒めた腸づめを乗せて得体の知れ無いソースがかかっている。ディープだね。こういうのが食いたかったのだ。

僕は期待して一口食べた。しかし。。。

 

f:id:neilchikuwa:20160626210930j:plainこの腸づめ、臭くて食えない。どうしよう?全部残したらまずいかな。イーピンちゃんはもっと何か注文しろムード満々でニコニコ笑い、色々話しかけてくるけど、僕にはちょっと無理。アジア全体でかなりなものを食ってきたけど、この腸づめの鼻に抜ける匂いは受け付けなかった。

天井を見ながら、どうやってズラかろうかと数分悩んだが、正直に匂いが駄目でしたと言ってお勘定をしてもらった。「全然良いですよ〜」って笑ってたけど、お勘定が約2000円とはこれいかに。まぁいいか。

 

f:id:neilchikuwa:20160626211053j:plainイーピンちゃんごめんなさい。僕が悪いのです。