ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

食べログで叩かれ気味のこの店だが、『なみ漬け丼』は一度は食べてみる価値があると思う。早川漁港「なみ」

箱根の温泉の帰り、食べログでややサンドバッグ的に叩かれ気味のなみさんにお伺いした。早川の駅からトボトボ歩いて6、7分。漁港というものを久しぶりに間近に見たが、東日本大震災津波を思い出してしまった。漁港独特の雰囲気は素敵だけれど、津波の画像が頭から離れないで困った。
しかし、午後の漁港って本当に静かで、海猫の鳴き声だけが響くのね。全く八代亜紀の世界だわさ。
f:id:neilchikuwa:20160412145412j:plain

f:id:neilchikuwa:20160412145432j:plain

f:id:neilchikuwa:20160412145441j:plain僕たちは、早川漁港の食堂に行きたかったのだが、長蛇の列で諦めたのだ。こんな場所にもC国の団体さんがいてほんと唖然としたよ。それでは有名な大原さんに行こうとしたものの、同じ様に長蛇の列で困ったなと見渡すと、周りはコンサル臭っぽい店が何軒かあり団体さんご用達の感。勿論そこはパスして、二階を見上げたらこの店があった。ガラガラだったが個人経営ぽかったので、地雷でもいいかと入店したのだ。
入ったはいいものの、即帰ろうと思った。けっこう面倒なシステムの券売機があったのである。券売機って後ろに並ばれると焦るでしょ。ラーメン程度ならいいんだけどさ。店内を見渡してもだだぴっろい田舎の社員食堂の感じだし。

f:id:neilchikuwa:20160412145458j:plain

f:id:neilchikuwa:20160412145507j:plainでもいいかと『なみ漬け丼1250円、地魚のミックスフライ980円、鯵の南蛮漬け480円、その他数品を注文した。この店、メニューにかなり偏りあり。

f:id:neilchikuwa:20160412145539j:plain

f:id:neilchikuwa:20160412145530j:plain

f:id:neilchikuwa:20160412145551j:plain

f:id:neilchikuwa:20160412145555j:plain結果的に僕たちは満足した。特に、なみ漬け丼は、食べてみる価値がある。最初に、ご飯の丼が来て自分でご飯をよそう。そのあと漬けの皿が登場。大きな切り身のズケがこんもりと汁に浸かっている。魚は、鯵、ワカシ(多分だけど)、その他白身二種類。かなり新鮮だ。卵の黄身と海苔と青ネギがいい感じ。これを、グルリンと混ぜ合わせ、ご飯に乗せて食べた。僕は眼を見開いた。強烈な旨さであった。

f:id:neilchikuwa:20160412145537j:plain

f:id:neilchikuwa:20160412145628j:plain画像じゃ分からないけど刺身の一個がすごくでかい。しこしこです。

f:id:neilchikuwa:20160412145543j:plain食べ放題のご飯。鯖ご飯とか色々種類がある。

f:id:neilchikuwa:20160412145631j:plainなみ漬け丼、驚愕の美味しさ。

f:id:neilchikuwa:20160412145643j:plainけっこう普通なミックスフライ。

f:id:neilchikuwa:20160412145655j:plain接客云々は、田舎だからどうでもいいんじゃないのかな。確かに、フロアのおばちゃんの言い方や、物忘れの酷さなどは困りものだけれど、食べログでボロカス云う程の事ではないよ。ボロカス云う人は何を期待してるのかわからない。だら〜とした店なんだから、自分もだら〜と構えればいいじゃん。

f:id:neilchikuwa:20160412145702j:plain僕は今度友達と、東海道線グリーン車で行く「なみで、バンバン注文してガンガン酒を飲むだらしない大人のツアー」を組もうと思ってるくらいなのだ。

ひとり一万円で、だらしない大人の休日を満喫できる事確実である。