読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

みのるの1500円の蒲焼は、その倍の価値があるだろう。素晴らしきコスパの鰻専門店。藤沢「みのる」

藤沢のある場所に、テイクアウト専門の鰻屋さんがある。みのるさんだ。
みのるでは、1300円、1500円、1800円の鰻の蒲焼を売ってくれる。最近1300円の蒲焼はあまり見ないが、僕が行く頃には売り切れているのだろうな。そして肝焼きはなんとびっくり200円である。この一連の安さ、膝が抜けます。ガクガク。
ここは、ご夫婦が本当に真面目に経営している素晴らしい鰻屋さんだ。ご主人(たぶん、みのるって名前でしょう。じゃなかったら、びっくりだよ)は黙って焼き専門。僕はご主人が話したのを見たことない。僕だけじゃなくて藤沢でもご主人の声を聞いた人は少ないらしい。みのるのご主人の声を聞いたか聞かないかで、近くのスポーツクラブに毎日行く引退したおじさん達がサウナで汗を流しながら、話題にしているくらいなのだから。
奥さんは接客専門。この奥さんは厳しい。たまに、肝焼き5本と1500円の蒲焼1枚なんて注文する客がいるのだが、そういう客にはピシッと断る。みのるは、蒲焼を買った枚数だけ肝焼きが買えるのだ。有料のタレも同様、蒲焼の枚数のみ買えるのだ。
僕は1500円の蒲焼を2枚と、肝焼きを2本と、タレを2個、売ってもらった。その夜、自宅でご飯を炊いて、熱々のご飯に乗っけて食べた。
うーーん、あのね、言葉に出ない旨さだよ。感謝。
f:id:neilchikuwa:20160317193354j:plain

f:id:neilchikuwa:20160317193405j:plain

f:id:neilchikuwa:20160317193422j:plain

f:id:neilchikuwa:20160317193506j:plain

f:id:neilchikuwa:20160317193509j:plain

f:id:neilchikuwa:20160317193523j:plain

f:id:neilchikuwa:20160317193603j:plain