ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

ラーメン300円に、頭がさがる。家庭中華の鏡のような店。茅ヶ崎「大龍」

茅ヶ崎駅南口の大龍さんを訪れた。20年位前にも訪れた記憶はあるのだが、店の内装やメニューなどは全く覚えていない。だから初めて来たようなものだ。

メニューを見て驚いた。なんとラーメンが300円である。しかも税込!

僕は、ビール500円とサンマー麺500円を注文。ビールには冷凍の枝豆がついてきた。持ってきてくれたのは、こちらが心配するほどヨボヨボ(失礼!)のおばあちゃん。一人で鍋を振ってるご主人のお母さんのようだ。出前のバイクが店頭にあるという事は、出前をするんだろうが、ご主人が料理も出前もするんだろうか?それとも、おばあちゃんがバイクにまたがって。。。まさか。。。

なんて事を考えていたら、サンマー麺登場。なんの特徴もないサンマー麺だが、ご主人の手つきや話し方が丁寧なので、安心して美味しく頂いた。

突然、横のおじさんが「サンマー麺旨い?」って聞いてきた。こんな事言っては申し訳ないが、このおじさん料理頼まないでビール呑んでるし、着ているものを見てもお世辞にもきれいじゃないので、ちょっと引いていた。すると「なに読んでんの?それ」「関ヶ原っていう小説です」「ふーーん、この店は30年前からあんし、ここらへんじゃ一番古いよ。料理もまぁ旨いべ。どっから?」「あの、東京です」「あーーそう、ようこそ茅ヶ崎へ!」とか言って、にこにこ笑って握手された。何だか非常にオープンなおじさんだった。平塚の人もそうだけど、ここら辺の人は前触れもなく突然話しかけてくるので面食らう。

長く続けて欲しい家庭中華である。それと、ご主人がかなりのサッカー通である事も、常連客との会話で分かった。 

f:id:neilchikuwa:20151221103935j:plain

f:id:neilchikuwa:20151221103946j:plain

f:id:neilchikuwa:20151221103948j:plain

f:id:neilchikuwa:20151221104007j:plain

f:id:neilchikuwa:20151221104004j:plain

f:id:neilchikuwa:20151221104036j:plain

f:id:neilchikuwa:20151221104048j:plain

f:id:neilchikuwa:20151221104120j:plain

f:id:neilchikuwa:20151221104125j:plain