「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

隅から隅まで中国そのもの。亀戸「東京大排档」

亀戸でびっくりした。

東京大排档さんビュッフェと知らず入店した。
あらためて画像を見ればビュッフェ感満載であるが、単品もあると思ったのだ。入店するとマダムみたいな人が笑顔で案内。ビュッフェである事を説明してくれた。僕はビュッフェが苦手である。元々少食だし、何度も取りに行っている間に味がわからなくなってしまうからだ。

しかしこの店はすごい。隅から隅まで、中国そのものである。

日本語が通じない。客もほとんどが中国人だ。味も香港や台湾ではなく中国本土の食堂そのものだ。失礼ながら美味しくはない。でも中国そのものなので、日本人が感じる美味しさでないものを経験するにはとてもいいかもしれない。

各テーブルのは、持ち帰りや食べ残し禁止とあるが、中国の方は平気で残すし、ペラペラパックに炒飯や肉まんとかを入れている。お店の人も全然気にしていないで、そういう客と接していた。そうか、持ち帰り禁止のミニ看板はオーナーの意向であって、従業員はそんなこと関係ないんだね。そういうのも中国的だ。

一度は行っても損はないと思う。夜の火鍋なんてこれからの季節、ちょっとそそられるよね。 

 

f:id:neilchikuwa:20151102105351j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105358j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105416j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105910j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105427j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105620j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105603j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105609j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105628j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102105843j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102110028j:plain

f:id:neilchikuwa:20151102110000j:plain