「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

B級グルメファンは全員藤沢で途中下車しましょう。本鵠沼「静」

小田急江ノ島線の本鵠沼駅の近くに、さんいうボロい中華屋がある。何度か入ろうと思ったが、『きたなミシュラン』にしては度を越しているので躊躇していた。しかし今日は思い切って入ってみたのです。どんなお店かな、ドキドキ、ドキドキ

僕は、ドアに手をかけた。横に引く。

 

f:id:neilchikuwa:20151104151229j:plainドアを開けたいのだが、うう、開かない。再度力を入れる。ズル。あっ、開いた、スーー。なんだよ、この感じ。

 

f:id:neilchikuwa:20151104151346j:plainびっくりした〜。

何がって?おばあさんがひとりで分厚いトーストを食べならがテレビを見ていたんだ。しかも店内はお店というより、そのおばあさんちの様にゴチャゴチャしている。こういう店は何度も経験しているが、ここのボロっちい度はかなりレベルが高い。

「いらっしゃーーい!」とおばあさんが大きな声で笑いながら僕を見た。おばあさんの歯がない。。。

 

f:id:neilchikuwa:20151104151547j:plain

f:id:neilchikuwa:20151104151603j:plain

f:id:neilchikuwa:20151104151615j:plain店内はこんな感じでトータルコーディネート。カウンターにある、おばあさんが食べていたトーストとピーナッツバターが見えますか。

失礼ながらこういったオモムキの店は、白飯で失敗することが多い。昨日のご飯だったりする訳で、そうなると致命的だ。それはチャーハンでもごまかしきれない。やっぱ、ここは麺だな、でも作り置きの具材が乗っかる五目麺系はちょっと怖いので炒め系で行こう。僕は、にらそば550円を注文。

 

f:id:neilchikuwa:20151104151555j:plain

f:id:neilchikuwa:20151104153121j:plain厨房でおじいさんが「もやしがねえーぞーー」とツブヤく。おばあさんが「オトツイはあったでしょ」と大きな声で答える。

こうなったら時間がかかると思い、「すみません。ビールください」。おばあさん、「ビール飲むの?いいの?まぁ、悪いわね」といって嬉しそうに、極小のサービスおつまみとビールを持ってきた。おつまみは小さい。

 

f:id:neilchikuwa:20151104153303j:plain

なぜ視力検査表が貼ってあるのか?なぜ子機が?

 

f:id:neilchikuwa:20151104153308j:plain

f:id:neilchikuwa:20151104151609j:plain

f:id:neilchikuwa:20151104172918j:plainおばあさんがニコニコ笑いながらにらそばを持ってきた。第一印象は、スープが少ない。それと、上に乗ってるにら炒めが意外にもキチンと作られている。80歳中頃のおじいさんが作られたものとは到底みえない完成度である。

 

f:id:neilchikuwa:20151104173106j:plain炒めた具材は旨そうだ。しかしですな、麺が固まってるみたい。

 

f:id:neilchikuwa:20151104173118j:plain麺を出そうとすると、カタマリのまま全部一気に出てくる。

 

f:id:neilchikuwa:20151104173149j:plain再度いいますが、麺が固まってる。でも味はいい。このにらそば、けっこう旨い。

 

f:id:neilchikuwa:20151104173156j:plainどのくらい固まってるのか天地に返した。ピザをひっくり返すように簡単だった。

 

f:id:neilchikuwa:20151104173321j:plainおばあさんはお昼のワイドショーに夢中。僕がきて中断したトーストをまた食べ始めた。

 

f:id:neilchikuwa:20151104173412j:plainしかし、麺がなくならない。
おじいさん、二玉いれたような気がする。キツイ。

 

f:id:neilchikuwa:20151104173514j:plain

今日は本当にありがとう。お身体を大切に。おいしかったです。

店を出たら、この店の自転車の荷台に買ったばかりのキャベツがあった。何故だろう。