「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

温泉帰りの胃を癒す、小田原駅前の貴重なB級中華。小田原「らんらん」

『かっこいいことは、なんてかっこ悪いんだろう』確かこの言葉、あのジャックスの早川義夫の言葉だと思う。

かっこ悪い店は、小田原駅前ですぐ見つかった。なんだこの店名!うひひ腹が痛い。超かっこ悪い店名じゃん。ごめん、ちょっと待って、ちょっと待って、店名かっこ悪すぎて腹が痛いから。。。店名はらんらんさん。こんなかっこ悪い店名の店は絶対まずい。痛い目にあいたくないから、ラーメン550円を注文。

出てきました。あのねー、もうちょっと盛り付け方ってあるでしょ?ただ、具を置いただけじゃん。やっぱ、かっこ悪い店名だとダメだなあ。とりあえず、食べますか。。。

スープを飲む。「あれ???」麺を啜る。

すみませんでした。うまい。

 

f:id:neilchikuwa:20151030214733j:plain

f:id:neilchikuwa:20151030214747j:plain

f:id:neilchikuwa:20151030214752j:plain

f:id:neilchikuwa:20151030214757j:plain

f:id:neilchikuwa:20151030214804j:plain

f:id:neilchikuwa:20151030214838j:plain

f:id:neilchikuwa:20151030214815j:plain

f:id:neilchikuwa:20151030215011j:plain