読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

アベチカで最後の受け皿。正真正銘の酔っ払い多し。天王寺「赤のれん」

【大阪】大阪市内

今日は仕事が終わって何もない。ホテルで寝るだけだ。昼間の2時に丸一屋さんで飲んでしまった僕は、2軒隣の赤のれんさんに入っちゃた。2軒連続なんてあまりしないのだが。。。

重い病気を持つ僕が、あと何年生きられるのかと思うと、楽しい方を選択しちゃうのだよね。まぁ、人生は、陽気遊山なり〜。

f:id:neilchikuwa:20151015210012j:plain

アベチカには居酒屋が、丸一屋、半田屋、赤のれんと並んでいるが、結論から先に云うと、この赤のれんさんが一番魅力がなかった。

f:id:neilchikuwa:20151015210030j:plain

とにかくこの店の客は激しい酔っ払いばかり。若い店員が酔っ払いのしつこい話を小馬鹿にしたようにうなずいて聞いている。毎日のことだから大変だろうけど、20歳そこそこの若ぞーに70歳くらいのおじさんがあしらわれてるのは見ていて気分が悪かった。

f:id:neilchikuwa:20151015210038j:plain

f:id:neilchikuwa:20151015210043j:plain何を呑もうかなぁ。丸一屋さんではビールとチューハイだった。今日は飲めない日本酒に挑戦しましょうかね。

f:id:neilchikuwa:20151015210131j:plain日本酒嫌いな男が、二合徳利。

f:id:neilchikuwa:20151015210140j:plain限界まで酔ってる人がいたいた。

奥のメガネのおじさんだ。酔い方が横綱級。メトロノームの様に左右にぐにゃぐにゃ揺れながら飲む。ぐじゅぐじゅの軟体動物だ。45度位ぐにゃっと倒れるのだが、椅子から落ちそうになる前に不思議に戻る。面白いのでじーーと見ていたのだが(僕が見ていても気がつかない)、腹筋を使って戻るのではなく、頭の重さを器用に使っている。倒れそうになってアッヤバいと思った瞬間、頭の重さをブオンって使って戻る。達人だな。おじさんの店のバイトらしい若者も「にゃまびひーるくらさい」とか言って注文。この人たち何軒目なんだろうか。

この店、こういう感じの、よせばいいのにもう一軒行っちゃう的な酔っ払いばかり。ここは受け皿なんだね。

昼の3時にこれ程の酔っ払いがフツーにいるのが天王寺の底力なのだ。

f:id:neilchikuwa:20151015210149j:plainハモ皮ポン酢。失礼ながら、隣の半田屋さんに比べると何段も落ちる。

f:id:neilchikuwa:20151015210218j:plain東京の平均的価格より間違いなく安い。

f:id:neilchikuwa:20151016173722j:plain俺の足。意味ない。

f:id:neilchikuwa:20151015210236j:plainこういう機能美は好き。

f:id:neilchikuwa:20151015210240j:plain千枚漬。漬かりすぎて正体不明の物体になっている。

f:id:neilchikuwa:20151015210246j:plain全日本会話が噛み合わない選手権で、準決くらいは行きそうな、飲み過ぎ度MAXカップル。お互い相手の話を全然聞いていない。自分の事しか言っていないのだが、不思議と会話が噛み合うのだね。再度云いますが、今昼の3時です。

f:id:neilchikuwa:20151015210102j:plainこの人はとても感じが良かった。紅一点ですな。

f:id:neilchikuwa:20151015210255j:plainハモの天ぷら。食べると。。。『硬ってぇ。。。』サクふわじゃなくて、カテカチだ。これは、ハモなんだろうか?ウツボ

f:id:neilchikuwa:20151015210303j:plain硬いので、皿に戻し箸で割った。割り箸がキシむ硬さ。心なしか僕の体が数センチ宙に浮いた気がする(これは嘘です)。

f:id:neilchikuwa:20151015210312j:plain出汁をもらって、ふやかしていただきました。ありがとう。