ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

藤沢駅周辺の家庭中華ではベスト。藤沢「つるや食堂」

家を探している。立派な別荘を持つほどの金はない。週末絵を描いて過ごすための格安な昭和の木造建築を探している。サザエさんの家を想像してもらえばいい。あんな感じの家を探している。最初、借りようかと思ったけど、襖や障子を取り払い、昭和特有の金ラメが入ったような土地壁をぶち壊すとなると、買うしかないのだ。お金はないので格安限定。

場所の理想は藤沢の本鵠沼。藤沢ときたら普通は『鵠沼海岸片瀬江ノ島』に住みたいですよね。しかし鵠沼海岸片瀬江ノ島は、サーファーやアーティストやプチリッチが多いキラキラした素敵な土地。僕はそういうのが苦手なのだ。本鵠沼は老人が一人ですんでいるような、音がしない町だ。絵を描くには理想。町が死んている方がいい。音がない町ということでは、大磯や鴨宮あたりもいいな。

いつも自分のことばかり話してすみません。

つるや食堂さんを訪問した。注文は五目そば。値段は忘れちゃった。普通の五目そばとはちょっと違う。タンメンの上に、チャーシュー、かまぼこ、ナルト、ゆで卵が乗っているようなものだった。

五目そばを食べた。じゅるじゅる。野菜たっぷりでうまし。

f:id:neilchikuwa:20151012114308j:plain

f:id:neilchikuwa:20151012114314j:plain

f:id:neilchikuwa:20151012114342j:plain

f:id:neilchikuwa:20151012114412j:plain

f:id:neilchikuwa:20151012114459j:plain

f:id:neilchikuwa:20151012114452j:plain

f:id:neilchikuwa:20151012114507j:plain