「ボクの、旅の記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

バーキンが最高のバッグだと思ってるような女性が好きそうな鰻屋さん。奈良「川はら」

東大寺大仏にはびっくりしなぁ、もう!

あの人、日本史上最強の格闘技家じゃない?ガンダムも負けるね。頭のパンチもねじねじで超迫力だし、あのデカイ顔でガンつけられたらオシッコちびるよね。ケンカしても体が銅製だからコチョコチョ技が使えないよね。もしあの人が中学生だったら日本最強の中坊だけど、体がでかすぎて校舎に入れないよね。授業に出れないじゃん。手の平もデカイ!僕は日本史上最強の格闘技ワザは、北の湖の張り手だと言って絶対に譲らないが、大仏が張り手したら、強烈だろうね。東京タワーも壊せるんじゃない?火花散りそう!

川はらさんは、奈良において関東風の鰻を食べさせる人気の店らしい。さすが、店頭の暖簾に品があるね。名店の予感がする外観だ。

 

f:id:neilchikuwa:20150916213614j:plain

f:id:neilchikuwa:20150916213630j:plain店頭で焼いている姿が見る事ができる。僕の経験では、蕎麦屋なんかでも店頭でそば打ちを見せる店は大概ダメだ。この段階でちょっと違和感を感じたのだが。

 

f:id:neilchikuwa:20150916213705j:plain鰻屋らしくない、甘味処の様なインテリア。やはり違和感を感じるが、入ってしまったので帰るわけにいかない。

 

f:id:neilchikuwa:20150916213752j:plainカウンター席に案内される。カウンター席でも問題ないが、この店全体の雰囲気がなんとも軽い。テーブルの間隔も狭くて隣の話はまる聞こえだろう。鰻屋は、最低でも一人2500円は使う。平均すれば、飲み物も含めて4000円くらいだろう。何が悲しくて、こんな民芸カフェみたいな店内で鰻を食わなければならないのか。

 

f:id:neilchikuwa:20150916213821j:plain接客はとても感じがいい。

 

f:id:neilchikuwa:20150916213848j:plainお店の雰囲気にちょっと引いたので、松丼2580円をやめて、竹丼1970円を注文した。

そして、さほどお腹が減っていないので、ご飯を軽めにしてもらった。

 

f:id:neilchikuwa:20150916213835j:plain

f:id:neilchikuwa:20150916213942j:plain来ました。いちいちうるさくてごめんね。でも、まず、この余計なフルーツが気に入らない。鰻丼に、pineapple〜(ネイティブ発音で!)をつける神経がわからん。

 

f:id:neilchikuwa:20150916214209j:plain蓋を開けて、目を疑う。ご飯軽めにお願いします、って言ったのは僕だけど。三口分にしてください、とは言わなかったはずだ。画像では分かりづらいが、セブンイレブンのおにぎり一つ分のご飯の量だった。

 

f:id:neilchikuwa:20150916214229j:plain

f:id:neilchikuwa:20150916214239j:plain

一口食べた画像。僕は本当にこの竹丼を三口で食った。時間にして1分。笑っちゃう。

川はらの鰻は、オーソドックスで嫌味がなく美味しいと思う。しかし、お店の方向性が僕の嗜好には合わなかったみたいだ。いや、僕が勝手に自分の嗜好を当て嵌めようとしているだけなんだろう。僕が行く店ではなかったみたいだ。