読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

愛情のこもった大鍋料理一筋の名店。京都タワー裏「へんこつ」

【京都】京都市内

京都に来たからには、まずはへんこつさんに行こうと京都タワー横の路地を入る。もっと汚い店かと思っていたけど、以外と普通で入りやすい。

戸を開けると眼光鋭いご主人であろう方が僕を一瞥した。おっ、店内緊張感漂ってるな。17時20分だったが、お客さんの入りは半分くらいだった。一人である事をつげると、ご主人の前の席を指定された。まずいな、ここは写真が撮りづらい。それでなくても、ここのご主人に叱られるブロガーは少なくないと聞く。僕は端っこで存在感を消して飲みたかったのだが。

まずは瓶ビールとおでんをお任せで頼んでみた。出てきたおでんは、ちくわ(名乗っていないのですが)、芋、筍、底の肉だった。僕はなめられないように、なるべく手慣れた感じでネギをのせて一口。。。

やはり、あからさまに旨い。もうビジュアルと味がピッタンコなんだね。筍が旨かったなぁ。筍を味噌煮込みデミグラスソースで煮込んだのなんて食べた事ないもの。逆に肉はイメージ通りで、まぁ普通。でもその肉(底に溜まった色々な部位)は色々な食感と味がして全く飽きなかった。

僕は、おでんを食べて、ふんとため息をつき、ビールを飲んでうーむと唸るを繰り返した。ビールが10分でなくなり、またもやなめられないように、普段飲まない日本酒の熱燗を注文した。ご主人の酒を注ぐ技がすごい。グラスの淵に液体が盛り上がった瞬間、ピタッと止める。やはり僕はなめられないように、なるべく自然に首をグラスの方向にゆっくりのばしていったのだ。

この大鍋一本で長年勝負しているのはすごい事だと思う。いくつかメニューはあるけど、大鍋で一緒に煮込んであるので単独メニューのようなものだ。

ご主人は絶えずゆっくりと大鍋の淵をヘラで廻す。その丁寧さに大鍋への深い愛情を感じる。目つきは剣豪そのものだ。でも、単独メニューで毎日一本勝負を繰り返してるんだもの、当たり前なんだな。

途中から、いかにも京都の個人商店の店主のような常連さんが僕の横に座り、ご主人と高校野球の話を始めた。強烈なアウェー状態であったが、だんだん話の内容に引き込まれた。実は、へんこつさんのご主人は、そこら辺の高校野球の監督がビビちゃうくらい野球に対して超博学であったのだ。

f:id:neilchikuwa:20150825211537j:plain

f:id:neilchikuwa:20150825211543j:plain

f:id:neilchikuwa:20150825211709j:plain

f:id:neilchikuwa:20150826220406j:plain

f:id:neilchikuwa:20150825211719j:plain

f:id:neilchikuwa:20150825211750j:plain

f:id:neilchikuwa:20150825211849j:plain

f:id:neilchikuwa:20150825211725j:plain

f:id:neilchikuwa:20150825223129j:plain