ニール・ちくわの、昼ビー主義。

僕の文句や退屈な話を聞いてくれてありがとう。

売っているカレー以上の価値がある。鶴橋「上等カレー」

今年の3月頃、鶴橋の上等カレーでとんかつカレー550円を注文した。スパイスの効いたカレーである。旨い!とんかつは肉の主張を極限まで殺し、コロモ感を押し出したもの。さすが粉もん文化である。

さて、この店ではカレーより面白いものがある。それはご主人と、ここで働く中年の女性の関係というか会話である。ご主人とに角スパルタ式で、働く女性のやる事ほとんどに駄目出しをする。水の置き方から、声の出し方、立つ位置その他モロモロ、僕がカレーを吹き出しそうになるくらい大きな声で指示をするのである。

しかし、おやっと思わせるのが、その女性の態度だ。それだけスパルタご主人の、通りがかりのいちゃもんみたいな文句を、すべて「はいっ」と言って受け止めるのだ。それは、見事である。

ご主人も全部怒るのではなく、僕がいる間に一度だけ優しい言葉を使った。その時その女性は、心の底から嬉しそうに笑ったのだ。

ここは劇場か。たった10分の間にすごい感動をいただいた。

f:id:neilchikuwa:20150818143423j:plain

f:id:neilchikuwa:20150818143441j:plain

f:id:neilchikuwa:20150818143438j:plain

f:id:neilchikuwa:20150818143447j:plain