「ボクの記憶」ニール・ちくわ

退屈な話を聞いてくれてありがとう。

【食のキロク】大阪

ハモの天ぷら、千枚漬。天王寺「赤のれん」

アベチカには居酒屋が数件並んでいる。 この店の客は激しい酔っ払いばかり。若い店員が酔っ払いのしつこい話を小馬鹿にしたようにうなずいて聞いている。毎日のことだから大変だろうね。 限界まで酔ってる人がいたいた。 奥のメガネのおじさんだ。酔い方が横…

明朗会計で良心的、家庭的な雰囲気の優良店。天王寺「丸一屋」

お昼過ぎに難波での仕事が終わり、上本町のホテルに行く前に天王寺で昼飯を食おうと思った。しかし7月末のこの日は、超あっちあっちの摂氏35度。ここはビールしかないでしょ。そういう時に大阪は便利だよねー。東京は条例で昼ビーを禁止されているので、ど…

冷麺。鶴橋「西口うどん」

西口うどんさんは、近鉄鶴橋駅横にあり、ひっきりなしに客が出入りしている。 大したことないだろうと思っていたが、実は清潔で丁寧な仕事をする店だった。僕が注文した冷麺はとても美味しくて嬉しかった。

天ぷらうどんと肉玉丼のセット。難波「松屋」

ホテルのビュッフェは、アジア系外人で占領されていた。ツアー客同士の会話がギャアギャアうるさい。見ていると、何度もおかわりをするし、おにぎりをラップで包んでバッグに入れたりしている。僕は、ビュッフェをパスして早朝の難波の街に出た。 松屋といっ…

チヂミ、キンパ。鶴橋「太陽」

鶴橋駅から歩いて2分くらい。目の前が有名店だが僕はこの太陽さんの方が好きだ。とに角、味がいい。そしてサービスの度合いがすごい。額の汗まで拭いてくれる。韓国の女性は優しいね。 無料で出てくる食べ放題のおかずやキムチが絶品だ。これが無料だからビ…

焼きそば。鶴橋「餃子の王将鶴橋駅前店」

なんで僕は鶴橋で王将に入ったのだろう?分からない。なんで僕は鶴橋の王将で焼きそばを頼んだのだろう?分からない。全く分からないのだ。王将さんで気づいた事がある。超大阪的エリアである鶴橋で、標準語で最初から最後まで店員さんが接してくれる店はこ…

焼き穴子酢、串揚げ。天王寺「半田屋」

あー、ここは居心地が良いなぁ。いらっしゃいとも言わないけれど、お店のおばちゃんは優しい感じ。まわりを見るとこんな早い時間から、一人で呑んでる中年ばかり。僕も同じなんだけどね。 じゃこ豆というのが名物らしいが、焼き穴子酢を注文。焼き穴子酢350…

金龍ラーメン。難波「金龍ラーメン」

ベロベロに酔っ払って金龍ラーメンに行ったのだ。調子に乗ってニラとキムチと胡椒を大量に入れたバカがいる。そんなバカは誰だ?俺だ。辛くて食えん。。。。 胡椒が。。。 ニラが。。。 誰だよ、こんなにキムチ入れたの?俺だよ。

とんかつカレー。鶴橋「上等カレー」

今年の3月頃、鶴橋の上等カレーでとんかつカレー550円を注文した。スパイスの効いたカレーである。 さて、この店ではカレーより面白いものがある。それは、ご主人と、ここで働く中年の女性の関係というか会話である。ご主人は、とに角スパルタ式で、働く女性…

チャプチェ。鶴橋「崔おばさんのキムチ」

瓶ビールとチャプチェを注文。チャプチェは店頭の作り置きが出されるのかと思いきや、新たに作ってくれた。それだけでも何倍も印象が良くなるね。 僕が人生で初めてチャプチェを食べたのは30年位前に親と行った西麻布の焼肉屋だ。こんな旨いものがあるんだな…

マヨネーズ。難波「赤垣屋」

店内は早い時間から、おじさん達がダークダックス状態。 30円のマヨネーズがあった。隣のおじいさんはマヨネーズ単品で注文して、醤油や七味でカスタマイズしてぺろぺろ舐めながら飲んでた。 安いのだが、油断するとそうでもなくなる値段設定。 機能的な立ち…

金龍ラーメン。難波「金龍ラーメン」

難波を歩くと何軒もある金龍ラーメン。赤く塗られた外観と龍のオブジェで遠くからでも目立つ。ミナミではこのくらい派手でないと認識されないのかもしれない。 東京の人間は注文の仕方がわからないと思う。こんな感じだ。 まず、券売機で600円のラーメンを買…

串焼き。鶴橋「串まつ屋」

串まつ屋さんは、鶴橋に何軒かあるホルモンを串焼きで食べさせるスタイル。串で食べるというのもなかなか趣向が変わって良い感じだ。 串焼きは2本から注文で、他に刺身系もあるが、全体的にメニューの数は少なく、ほとんど串焼き一本の店だと思っていい。一…